【FC東京】2020年の主役はTOKYOだ!新ユニ発表、コンセプトは「世界と渡り合い、成長し続ける」

トピックス・ニュース, Jリーグ

FC東京

サカノワスタッフ

FC東京の2020年、J1リーグで着用するファーストの新ユニフォーム。(C)FCTOKYO

ACL用のファースト&セカンドも決定。

 FC東京は12月24日、2020シーズン新ユニフォームのデザインを発表した。ファースト、セカンド、そしてアジアチャンピオンズリーグ( ACL )のファースト&セカンドとフィールドプレーヤー用の計4タイプ――。オリンピック開催により「TOKYO」が注目を集める2020年、そのキットには「世界と渡り合い、成長し続けるチームへという強い決意と願い」が込められている。

 詳細は次の通り。

■デザインコンセプト
『Keep doing』~ その使命を胸に、 未来に向かって~
 2020年は、 東京オリンピックが開催され日本国内のみならず海外からも非常に注目を浴びるオリンピックイヤーです。

 世界と繋がる日本の首都、 東京を代表するクラブチームとして、 世界と渡り合い、 そしてこれからも未来に向かって”成長し続ける” チームへという強い決意と願いが込められています。

■デザイン
【J1リーグユニフォーム】
<フィールドプレーヤー・ファースト>
 チームカラーの青赤をベースに、今シーズンのデザインテーマである【 Keep doing 】をイメージした、連続的で躍動感溢れるピンドットストライプを新しく採用しています。

 連続的に配したそのピンドットストライプは、途切れることなく、勝利し続け、そして活躍し続ける常勝チームへという強い願いが込められています。 

FC東京の2020年、J1リーグで着用するファーストの新ユニフォーム。(C)FCTOKYO

<フィールドプレーヤー・セカンド>
 ファーストユニフォームでも採用している<ピンドット>を、 ホワイトとクールなシルバーカラーで選手の冷静沈着なイメージを表現したグラフィックデザインを新しく採用しています。

 アウェーでの重圧にも負けず、集中力を途切らすことなく、勝利に向かって戦い続ける選手の強い決意が込められています。

FC東京の2020年、J1リーグで着用するセカンドの新ユニフォーム。(C)FCTOKYO

【AFCチャンピオンズリーグユニフォーム】
 J1リーグ戦用ユニフォームで採用している、今シーズンのデザインモチーフである躍動感溢れるピンドットストライプをアシンメトリーに配したデザインを採用。

 上下に交差するピンドットストライプは、 相手チームを翻弄し、 俊敏かつ力強くフィールドを駆け回る選手をイメージし、 頂点を目指すチームの決意を表現しています。

FC東京の2020年、ACLで着用する新ユニフォーム。(C)FCTOKYO

■ユニフォーム販売について
・2020シーズンJ1リーグユニフォームの予約開始は1月10日(金)を予定しています。

※ユニフォームの販売詳細については、 改めてFC東京オフィシャルホームページにてお知らせいたします。

・AFCチャンピオンズリーグユニフォームの先行販売についてはこちら

【URL】 https://www.fctokyo.co.jp/news/10864

・U-23ユニフォームのデザイン発表と販売概要は、2月中旬頃を予定しています。

関連記事:【FC東京】長谷川監督が日本代表の橋本拳人にゲキ「もっと逞しくなってほしい」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads