【G大阪】ジャマイカ弾の一美和成は横浜FC、GK谷晃生は湘南に期限付き移籍。人事5件一挙発表

カルフィン・ヨン・アピンと競り合う一美和成。(C)SAKANOWA

MF髙江麗央は町田にレンタル。190センチの大型GK猿田遥己を柏から期限付きで獲得。

 ガンバ大阪は12月29日、人事に関する5つのプレスリリースを発表した。

 前日のU-22ジャマイカ代表戦でゴールを決めたU-22日本代表の一美和成は、京都サンガF.C.へのレンタル期限終了に伴い、来季は横浜FCに期限付き移籍することになった。

 また、同じくU-22日本代表にも選ばれるGK谷晃生は湘南ベルマーレ、昨季J1リーグ11試合に出場したMF髙江麗央はFC町田ゼルビアに、それぞれ期限付き移籍されることになった。

 いずれも期限は2021年1月まで(2020シーズンいっぱい)。

 一方、柏レイソルの身長190センチ、20歳のGK猿田遥己をレンタル移籍で獲得した。

 このほか、この度強化アカデミー部アカデミー ヘッドオブコーチングを務めてきた鴨川幸司氏が、FCティアモ枚方アカデミーダイレクターに就任することが決まった。

 各選手と鴨川氏のコメントは次の通り。

◆一美和成

「このたび、横浜FCに期限付き移籍することになりました。もう 1 年、修行の身としてプレーしてきます。 成長して帰ってこられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

◆髙江麗央
「ガンバ大阪サポーターの皆さん、3年間熱い応援ありがとうございました。ガンバ大阪で主力選手となれる よう、もっと成長して帰って来られるようにこれからも頑張ります」

◆谷晃生

「この度、湘南ベルマーレに期限付き移籍をすることが決まりました。1年で見違える成長をしたいという思いが強く、この決断に至りました。強い覚悟を持って頑張ってきます」

◆猿田遥己
「柏レイソルから期限付き移籍で加入することになりました猿田遥己です。1試合でも多く出場して、ガンバ 大阪の勝利に貢献できるように日々の練習から全力で頑張ります。よろしくお願いします。」

◆鴨川幸司氏
「今シーズンをもちまして退任することになりました。ガンバ大阪創設から28年間在籍させていただきました。その間、数多くの才能あるアカデミー選手たちとともに素晴らしい経験をさせていただいたことは私にとってかけがえのない財産です。選手、スタッフ、サポーターの皆様、そして様々な経験をさせていただいたクラブに感謝いたします。有難うございました」

関連記事:【ドイツメディア】「本田は忙しい」フィテッセ退団、事実上一線から退く?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads