【浦和】阿部勇樹が2020年へ決意「ポジティブに考えたら変われるチャンス!選手たちもクラブも」

浦和の阿部勇樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

SNSで二度に分けて投稿。「皆様には非常につらく、悔しい思いをたくさんさせてしまいました」

 浦和レッズの元日本代表MF阿部勇樹が12月30日、自身のSNSのツイッター( アカウントは @daikichi22abe )を更新して、2019シーズンにファンとサポーターに悔しい思いをさせてしまったことを謝罪するとともに、来季への決意を示している。

 阿部は次のようにつぶやいた。

 まず一通目。

「今シーズンも熱い応援、サポートありがとうございました!

 今年はとても厳しいシーズンでした! 

 皆様には非常につらく、悔しい思いをたくさんさせてしまいました!

 今年の結果をしっかりと受けとめて、進んでいかなくてはいけません! #浦和レッズ」

 そして二通目。

「ポジティブに考えたら、変われるチャンス!

 選手たちも、クラブも!

 来シーズン、1歩ずつ1歩ずつ進んで這い上がって行こう!

 共に闘ってくれている大勢の仲間と共に!!」

 そのように来季も浦和で戦うこととともに、「這い上がる」ことを誓っている。

 ボランチはエヴェルトンと青木拓矢を中心に、1対1の守備に長ける柴戸海、司令塔の柏木陽介らもおり、阿部の2019シーズンの成績は、J1リーグ11試合(593分)出場、先発は6試合だった。

 そのほかは、アジアチャンピオンズリーグ( ACL )6試合(112分)出場、ルヴァンカップ1試合(90分)、天皇杯3試合(270分)出場。

 浦和は9勝10分15敗(34得点・50失点)の14位で、プレーオフ圏16位の湘南ベルマーレとは勝点わずか1差でJ1残留を果たした。

 プロデビューから23年目、浦和では通算13シーズン目――阿部がチームとともに復活を期す。

【関連記事】
【浦和】伊藤涼太郎が大分から復帰決定「何を成長し、どれだけできるか楽しみ」
【浦和】杉岡獲得失敗の背景。積年の課題に「新陳代謝の効率の悪さ」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads