【浦和】マルティノスがツイッター更新。2019年のパフォーマンス動画と連絡先を掲載

浦和のマルティノス。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「クラブに戻りたくない」発言で注目を集めたが――。

 1月3日に「クラブに戻りたくない気持ちは初めて」とインスタグラムで発言して注目を集めた浦和レッズのキュラソー代表FWマルティノスが、同日に今度はツイッターを更新。2019シーズンのパフォーマンス動画と仲介人の連絡先を公開した。

 マルティノスは自身のツイッター( アカウントは @QMartinus11 )で、次のようにつぶやいた。

「Highlights of my 2019 Season! I always keep fighting (私の2019シーズンのハイライトです! 私は常に闘い続けます)」

 そのようなメッセージとともに、2019シーズンの33節・FC東京戦(△1-1)で叩き込んだ左足のシュートシーンなど約6分間にまとめた自身のパフォーマンス動画をユーチューブで公開。さらに連絡先の仲介人の事務所と連絡先も記されている。

 1月7日に迎える始動日、マルティノスの姿はあるのか。気持ちは浦和にはあるのか、ないのか……。ちょっとしたメンタル(気分)の問題だろうか。昨シーズン終盤にレギュラーポジションを掴み、しかも新シーズンの浦和は大槻毅監督のもとでモデルチェンジを目指しているだけに、さらにチャンスを得るかもしれない。

 マルティノスは1月3日に自身のインスタグラム( @qmartinus )で、次のように英語でつづっていた。

「私のキャリアの中で初めてのことですが、私のクラブには帰りたくない気持ちです。

 しかし、私は変わらずサッカーを愛しています。

 しかし、私は必ず私の年にしてみせます。変わらずポジティブに。

 考え方は変わっていません」

 マルティノスは翌日、来日したことをSNSで報告している。

 チームは1月7日に始動。大原練習場で、さっそく9時30分、15時30分の2部練習を実施する。 8日も2部練習(10時、16時)を行い、9日は非公開、10日は9時からの午前練習が組まれている。

関連記事:【浦和】マルティノス意味深発言「本当はクラブに帰りたくない。でも前向き」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads