×

【浦和】ユンカー残留宣言「来シーズンはもっと強くなって戻ってきます」

浦和のキャスパー・ユンカー。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

最終戦は欠場、しかしケガではなかった…。

[J1 34節] 浦和 1–1 福岡/2022年11月5日14:00/埼玉スタジアム

 J1リーグ浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーが11月6日、自身のツイッター(アカウントは @KasperJunker)を更新し、「来シーズンはもっと強くなって戻ってきます」と、2023シーズンの“残留宣言”をした。

 前日のアビスパ福岡戦はメンバー外となったため、その状態が心配された。ただ試合後、ユンカーは背番号7のユニフォームを着てファン・サポーターの前に姿を現して、スタジアムを1周してあいさつをしていた。

 そしてユンカーはシーズンを終えた翌日、次のようにつぶやいた。

「昨日の悔しさが落ち着き、今シーズンを振り返ってみました。今シーズンはいろいろと大変でした。来シーズンはもっと強くなって戻ってきます。そして、怪我はしていないので、皆さん安心してくださいね✌️素晴らしい応援をありがとうございます」

 そのように決してケガはしていなかったこと、そして来シーズンの浦和での巻き返しを誓っている。

 加入2年目のユンカーは、リーグ21試合・7得点・1アシスト、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)6試合・4得点など、公式戦通算30試合・11得点・1アシストを記録。ACL準決勝の全北現代モータース戦では延長116分にリードを許しながら、土壇場120分に起死回生のゴールを決めてみせた。『トランスファーマーケット』によると、ユンカーは2024シーズン(2025年1月)まで、浦和と契約を結んでいるという。

【注目記事】
「正直、今の浦和レッズでは優勝できない」リカルド・ロドリゲス監督が最後の記者会見で本音吐露

【浦和L】開幕3連勝で首位!島田芽依が決勝ゴール、広島Rに2-1│WEリーグ

【浦和】マチェイ・スコルジャ氏が新監督候補に浮上、すでに来日!?「ポーランド最高の指揮官の一人」

Ads

Ads