神戸、札幌狙うダビド・シルバがMLSのマイアミに移籍決定か

マンチェスター・シティのダビド・シルバ。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

マンチェスター・シティと今シーズンで契約満了。移籍専門サイトが伝える。

 J1リーグのヴィッセル神戸と北海道コンサドーレ札幌が獲得を目指していた、今シーズンで契約満了を迎えるマンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバの去就について、移籍専門サイト『カルチョ・メルカート』は1月5日、アメリカとカナダで展開されるメジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミでプレーすることが「決定した」と伝えた。他の移籍専門サイトでも「合意に至った」と報じられた。

 インテル・マイアミは元マンチェスター・ユナイテッド、元イングランド代表のデイビッド・ベッカムが共同経営していて、2020年から新たにMLSに加わる新興チームだ。

 一方、ダビド・シルバはマンチェスター・シティとの契約が今シーズンで満了を迎え、ペップ・グアルディオラ監督から更新を求められていた。しかし欧州外への移籍に関しては自由にできる状況で、MLSやJリーグ行きが噂されてきた。そのなかでJリーグサイドでは、ヴィッセル神戸、コンサドーレ札幌が獲得を検討している、と言われてきた。

 イギリスメディアの『スポーツ・ウィットネス』は昨年11月、インテル・マイアミへの加入が決定的だと一時言われたが、それをダビド・シルバサイドが否定。そのうえで、神戸と札幌の「Jリーグ2チームが獲得を狙っている」として、「年明けの1月から交渉が解禁され、彼のサインを得ようとする戦いが始まる」と伝えていた。日本国内の報道では、FC東京も獲得に名乗りを挙げていると報じられていた。

 ダビド・シルバは再びイニエスタとプレーすることを楽しみにしているとも言われるが……おそらくは条件面でもかなり高待遇となるアメリカ行きを選んだようだ。しかし「正式発表」はまだ。Jリーグクラブの”巻き返し”も果たしてあるのか?

 ダビド・シルバは1986年1月8日生まれの34歳、スペイン(アルギネグイン)出身。170センチ、67キロ。2019-2020シーズンのプレミア・リーグでは16試合に出場して3得点・6アシスト、UEFA欧州チャンピオンズリーグは2試合に出場。スペイン代表では通算125試合37得点を記録している。

関連記事:「イニエスタとコンビを組みたい」ダビド・シルバが神戸移籍検討!米大手スポーツ専門チャンネルが報じる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads