×

【浦和】ユンカーがEUROで倒れたエリクセンへの思いを語る「デンマーク人全員が悲しい気持ちに」

浦和のキャスパー・ユンカー(天皇杯:富山戦より)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ルヴァンカップ神戸戦、見事なカウンターから1得点・1アシスト。「ウガからいいボールが来た」。

[ルヴァン杯 PO第2戦] 浦和 2-2 神戸/2021年6月13日/浦和駒場スタジアム
※2試合トータル4-3で浦和が決勝トーナメント(プライムステージ)進出

 浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーがルヴァンカップ・プレーオフステージのヴィッセル神戸との第2戦、ベスト8(プライムステージ)に導くゴールを決めるなど、1得点・1アシストの大活躍を見せた。

  1-1で迎えた前半のアディショナルタイム、自陣からのクリアボールが神戸の残っていた二人の背後を突く。そこで競り勝ったユンカーが素早く持ち込むと、GK前川黛也の位置を確認し、頭上を越すループシュートを沈めた。

 そしてデンマーク人ストライカーはユニフォームをめくり、下の赤いシャツに書かれた「STAY STRONG CHRISTIAN」(強く生きてくれ クリスティアン)というメッセージを示した。

 EUROグループステージB組、コペンハーゲンで行われたフィンランド代表戦。一時心肺停止状態になり救急車で運ばれた同郷のスターであるデンマーク代表のMFクリスティアン・エリクセンへの思いを、日本から届けた。

 ユンカーは試合後のオンラインによる取材で、次のようにゴールシーンについて語った。

「相手がかなり高いラインを保っていたので、それを利用するような形でのゴールでした。ウガ(宇賀神友弥)からスペースへのいいボールが来ました。キーパーとの1対1は今回2回目で、ここで決められて良かったです。大事な時間帯に点を取れて嬉しいです」

 そしてエリクセンへのメッセージに込めた思いを、デンマーク出身であるストライカーは話す。

「朝起きて、このことをニュースで知った時、非常にショックを受けて、とても悲しい気持ちになりました。デンマーク人全員がそのような気持ちになったと思います。集中するには難しい1日になりました。彼の状態が安定していると聞いて、少し安心しています」

 また、浦和の先制点の場面。ユンカーがカウンターで抜け出して自身でシュートを打つ選択肢もあったが、追走してきた小泉佳穂へのパスを選択した。そのメッセージを見せるためにも、『シュート』を選びたかったのではないか? そのような質問に、浦和の背番号7は答える。

「キーパーとの2対1という場面でした。あそこでは99パーセント、パスを出したほうがいい状況でした。そのほうが簡単に点が取れるからです。FIFAのゲームをプレーしているのと同じです。佳穂は目立った素晴らしい活躍をしていたので、二人でいい場面を作れことを嬉しく思います。明らかにパスを出したほうが良いシチュエーションでした」

 生粋のストライカーだからこそのゴール最優先の選択。そのプレーが、自身のゴールにもつながっていった。ユンカーにとっても辛かった1日に違いない。そんななか、冷静なる1得点・1アシストでファンに歓喜をもたらし、チームを8強に導き、壁を乗り越えてみせた。

【浦和】「STAY STRONG CHRISTIAN」ユンカーがゴール、同郷のデンマーク代表MFへメッセージ│ルヴァン杯ベスト8進出決定

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads