【U-23日本代表スタメン発表】小川航基、食野亮太郎、旗手怜央のトライアングル採用。WBに杉岡と橋岡の”ダブルDAIKI”

(C)SAKANOWA

タイU-23アジア選手権、強豪サウジアラビアとの初戦。キャプテンは渡辺剛。

[タイU-23アジア選手権 GS] 日本 – サウジアラビア /2020年1月9日(日本時間22:15)/タマサート・スタジアム

 東京オリンピックイヤー初戦――。タイで開催されるU-23アジア選手権のグループステージ、東京オリンピック世代にあたるU-23日本代表がU-23サウジアラビア代表と対戦する。スターティングメンバーが発表され、日本の前線は、小川航基、食野亮太郎、旗手怜央のトライアングルで挑む。

 東京五輪のアジア(AFC)予選となる今大会、ホスト国枠の日本を除く上位3チームが出場権を得る。

 日本はいきなり優勝候補の一つに挙げられるサウジアラビアと対戦する。近年ユース世代の強化に力を入れ、2018年のU-19アジア選手権では優勝を果たしている(昨年のポーランドU-20ワールドカップでは日本はベスト16、サウジアラビアはグループステージ敗退)。

 ウイングバックは左に杉岡大暉、右に橋岡大樹を起用。”ダブル・DAIKI”(さらに菅大輝もいるが)で強敵撃破に向かう。

 そしてキャプテンは渡辺剛が務める。

 それぞれ個人のパフォーマンスをアピールしたいところではある。しかし昨年のU-22コロンビア代表戦(●0-2)で露呈したように、3-4-2-1布陣はそういった「個」での打開に走ると、一段と組織的に機能しなくなる。

 そういったなか、10番をつけるスコットランドリーグのハーツから招集された食野(グループステージのみ参戦)がどのように存在感を示すのかも注目点の一つに。森保一監督が評価する田中駿汰(大体大→北海道コンサドーレ札幌)が、日本の防波堤として機能するかどうかも勝敗を分けるポイントになりそうだ。

 日本代表の先発メンバーは次の通り。

ポジション 
背番号
名前
所属チーム

▽先発
GK 
12
大迫敬介
サンフレッチェ広島

DF

渡辺 剛
FC東京

15
岡崎 慎
清水エスパルス

20 
古賀太陽
柏レイソル

MF

田中駿汰  
北海道コンサドーレ札幌


田中 碧
川崎フロンターレ

19
旗手怜央
川崎フロンターレ

10
食野亮太郎
ハート・オブ・ミドロシアンFC(SCO) *


杉岡大暉
鹿島アントラーズ

22
橋岡大樹
浦和レッズ

FW

小川航基
ジュビロ磐田 

▽控え
GK 

小島亨介  
アルビレックス新潟

23 
谷 晃生
湘南ベルマーレ 

DF
17
町田浩樹
鹿島アントラーズ *


立田悠悟
 清水エスパルス MF

MF
16
相馬 勇紀  
名古屋グランパス 

14
森島 司
サンフレッチェ広島

11
遠藤渓太
横浜F・マリノス

21
松本泰志
サンフレッチェ広島


菅 大輝
北海道コンサドーレ札幌


齊藤未月
湘南ベルマーレ

FW
18
田川亨介
FC東京

13
上田綺世
鹿島アントラーズ

*町田は1月5日(日)に合流。
*食野はグループステージ3試合に参加予定。

◆U-23日本代表の日程◆
◇グループステージ◇
1月9日(木) 日本×サウジアラビア
1月12日(日)日本×シリア
1月15日(水)日本×カタール

関連記事:スペイン紙が久保の発言に注目「ジダン監督から残ってほしいと言われた」「カメレオンのように」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads