松本がFC東京のFWジャエルを獲得!背番号『9』、「J1昇格へ全力を出して貢献する」

FC東京から松本への移籍が決まったジャエル。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

コンスタントに出場すれば、活躍が十分に期待できるスナイパー。

 FC東京のFWジャエルが1月16日、松本山雅FCに期限付き移籍加入することが決まった。両クラブが正式に発表した。背番号は「9」。移籍期間は、2021年1月1日まで。契約内容により、期限付き移籍期間中はFC東京と対戦するすべての公式戦に出場できない。

 ジャエルの本名はFerreira Vieira JAEL。1988年10月30日生まれ、ブラジル出身、31歳。186センチ・84キロ。

 これまでのキャリアは、クイアバ ― フルミネンセ ― クリシューマ ― アトレチコ・ミネイロ ― ゴイアス ― バイーア(以上、ブラジル) ― カルマルFF(スウェーデン) ― バイーア ― ポルトゲーザ ― フラメンゴ ― スポルチ・レシフェ(以上、ブラジル) ― 城南FC (韓国) ― サンカエターノ ― ジョインヴィレ(以上、ブラジル)  ― 重慶当代力帆足球倶楽部斯威隊(中国)  ― ジョインヴィレ ― グレミオFBPA(以上ブラジル) ― FC東京。

  来日1年目の2019年シーズンは、J1リーグ15試合・1得点、J3リーグ6試合・3得点を記録していた。

 ジャエルはFC東京のファンに対し、次のように感謝している。

「このたび、 松本山雅FCへ期限付き移籍することになりました。

 私自身、 あまりいい結果を残せていないなかでチームを離れることに、とても申し訳ない気持ちです。

 どのような状況でも応援してくださったファン・サポーターの皆さんにとても感謝しています。

 今年は、 東京にとっても、 僕にとっても新しい挑戦です。

 ともに頑張りましょう!」

 一方、松本のファンへ次のようにコメントしている。

「松本山雅FCのチームの一員になれてすごく嬉しいです。

 チームの目標である、J1昇格に向けて自分の全力を尽くして目標達成に貢献できるように頑張ります。

 サポーターの皆さん応援よろしくお願いします。

 ともに頑張りましょう」

 まさにスナイパーと言えるゴールの嗅覚を備え、献身性も高い。コンスタントに出場機会を得られれば、十分「9」番にふさわしい活躍が期待できる。

 2020年、ジャエルがサンプロアルウィンで躍動する!

関連記事:田中碧のVAR一発退場。日本の盲点?「アキレス腱ルール」を考える機会に

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads