香川真司対久保建英「トップ下」で先発!香川いきなりイエローカード…スペイン国王杯16強を懸けて

香川真司(左)と久保建英(右)の対決が実現!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

サラゴサのホームゲームでマジョルカ戦。同ポジションで激突――。

[コパ・デルレイ ラウンド32] サラゴサ – マジョルカ/2019年1月21日(日本時間22日3時)/ラ・ロマレーダ

 コパ・デルレイ(スペイン国王杯)のラウンド32、スペイン2部のレアル・サラゴサ対同1部のRCDマジョルカがキックオフを迎えた。サラゴサの香川真司、そしてRCDマジョルカの久保建英が、それぞれトップ下で先発。日本代表の「トップ下対決」が実現した。

 マジョルカは19日にホームでのバレンシアCF戦(〇4-1)を行ったばかり。中1日でのアウェーゲームとあって、スタメンは総入れ替え。そのバレンシア戦で途中出場からアクセントを与えたU-21スペイン代表のポゾは帯同し、マジョルカでの公式戦初先発を果たした。

 スタート時はポゾが右サイド、久保は左サイドに入った。

 一方、サラゴサも週末のリーグ戦は悪天候により延期され、今週末1月25日のCDヌマンシア戦を控えるものの、一部の主力を送り込んできた。そのなかの一人が香川だ。センターフォワードに37歳のベテランストライカーのミゲル・リナレス、そしてトップ下に香川が入る形に。

 香川も、久保も、チーム内での立ち位置がやや微妙になってきている。それだけにここでアピールして、チーム内を活性化させるとともに、中心的な存在になっていきたい。それぐらい大きな期待を寄せられている”助っ人”でもある。

 果たして、どちらが勝利を手にするか――。試合開始早々の8分、おそらく主審に異議を唱えたとして香川真司にイエローカードが出されている。

関連記事:好調ソシエダが来季、久保獲得を検討。ウーデゴールのレアル復帰の場合には…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads