×
×

【U-24日本代表】先発9人変更、久保建英が再びトップ下。ボランチは田中碧と板倉滉

(C)SAKANOWA

U-24アルゼンチン代表と第2ラウンド。第1戦に続いて4-2-3-1を採用、立ち上がりから球際で厳しく対応。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 – U-24アルゼンチン代表 /2021年3月29日19:45/北九州スタジアム

 東京オリンピックに向けた貴重な強化の場となる国際親善試合「SAISON CARD CUP」U-24日本代表対U-24アルゼンチン代表の第2戦が3月29日、北九州スタジアム(ミクニワールドスタジアム北九州)でキックオフを迎えた。

 日本は26日の第1戦(●0-1)からスタメン9人を変更。久保建英、板倉滉が2試合連続での起用に。一方のアルゼンチンは4人を変更している。システムは第1戦に続き、両チームともに4-2-3-1を採用している。

 久保建英(ヘタフェCF)は再びトップ下に入り、初先発の食野亮太郎(リオ・アヴェFC)が右MF、相馬勇紀(名古屋グランパス)が左MFに入った。最前線は林大地(サガン鳥栖)。

 また、ボランチは田中碧(川崎フロンターレ)と板倉滉(FCフローニンゲン)がコンビを組んでいる。そして最終ラインは、古賀太陽(柏レイソル)、瀬古歩夢(セレッソ大阪)、町田浩樹(鹿島アントラーズ)、原輝綺(清水エスパルス)という国内組の4人のユニットに。

 日本は立ち上がりから球際への厳しさを徹底。何度かアルゼンチンゴールに迫っているが、シュートまでは持ち込めずにいる。この強度をどこまで保ち、ゴールをもたらすことができるか――。

 日本の先発メンバーは次の通り。

GK
23 谷 晃生
DF
4 板倉 滉
15 町田浩樹
19 原 輝綺
20 古賀太陽
22 瀬古歩夢
MF
14 相馬勇紀
17 田中 碧
11 久保建英
FW
8 林 大地
9 食野亮太郎

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads