Jリーグ村井満チェアマンの4期目続投が内定「新しい2年間も全力で前進」

トピックス・ニュース, Jリーグ

Jリーグ村井満

サカノワスタッフ

4期目の再任が内定したJリーグの村井満チェアマン。(C)SAKANOWA

「Jリーグの執行部から完全に独立」した初の選考で。

 Jリーグ(公益社団法人日本プロサッカーリーグ)は1月30日に理事会を開催し、2019年3月理事会で承認された役員候補者選考委員会からの答申に基づいて、村井満現チェアマンを次期のチェアマン候補者として、3月 12 日開催予定の定時社員総会の理事選任議案に含めることを承認した。任期は2年間で、村井チェアマンは4期目に突入する。

 野宮拓役員候補者選考委員長のコメント

「2019年3月の理事会で役員候補者選考委員会の発足が承認され、本日に至るまで委員会を8回開催してチェアマン候補者を選定いたしました。

 委員会はJリーグの執行部から完全に独立し、Jリーグの役職員が選考プロセスには一切関わらない形を確保して進めてまいりました。

 今回の選考プロセスの特徴として、委員会は、専門家である組織コンサルティングファームのコーン・フ ェリー・ジャパンを起用し、チェアマンを含む次期業務執行理事に求められる人材要件を定義した上で、複数の候補者に対してアセスメント(評価、査定)を行い、その要件を充足するかを検証して候補者を選考するというプロ セスを取りました。

 印象や感情論に左右されない、より客観的で説明責任を果たせる、公平で透明なプロセスを実施できたと考えています。

 選定理由については、コンピテンシー(ある職務や役割において優秀な成果を発揮する行動特性)、経験、性格特性、動機というフレームワーク(枠組み)を用いて客観的なアセスメントを実施したところ、村井氏のチェアマンへの適性が高いと判断したことによります。

 委員会で幅広に議論し、リーダーシップ、発信力に優れ、ステークホルダーからの信頼も厚いことから、適任であると判断致しました。

 村井氏には、J リーグビジョン2030、中期計画2022を着実に推し進め、個々人の週末の過ごし方が多様化する社会において、J リーグの魅力を発信し続け、多くの人を惹きつける施策を実行することを期待しています」

 村井 満 Jリーグチェアマン コメント

「この度、役員候補者選考委員会の指名および理事会の決議を経まして、次期Jリーグチェアマンに内定いたしました。

 大変光栄であるとともに、改めて身の引き締まる思いです。ご期待に応えるべく、これからの新しい2年間も全力で前進してまいります。何卒よろしくお願い申し上げます」

【村井 満(むらい みつる) プロフィール】
1959 年(昭和34年)8月2日生
埼玉県川越市出身

1983年3月
早稲田大学法学部卒業

1983年4月
株式会社日本リクルートセンター入社 (現株式会社リクルートホールディングス)

2000年4月
同社 執行役員(人事担当)

2004年3月
株式会社リクルートエイブリック 代表取締役社長 (後に株式会社リクルートエージェントに社名変更、 現株式会社リクルートキャリア)

2008年7月
社団法人日本プロサッカーリーグ理事(非常勤)

2011年3月 株式会社リクルートエージェント 代表取締役社長退任

2011年4月
RGF Hong Kong Limited 取締役社長

2013年4月
同社会長 2013 年 12 月 同社会長退任

2014年1月
公益社団法人 日本プロサッカーリーグチェアマン(理事長)就任

関連記事:原口元気のファンの評価は下から2番目「特に酷かった」とドイツメディア。ハノーファー2020年初戦黒星

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads