【名古屋】エドゥアルド・ネットとの契約解除を発表。川崎のリーグ連覇にも貢献

名古屋を退団することが決まったエドゥアルド・ネット(左)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

J1通算100試合に出場、クラブと本人の両者合意のもとで。

 J1リーグの名古屋グランパスは2月12日、ブラジル人MFエドゥアルド・ネット(Eduardo NETO)との契約を、両者合意のもと解除したと発表した。

 エドゥアルド・ネットは1988年10月24日生まれ、ブラジル出身、31歳。185センチ・76キロ。これまでのキャリアは、ECバイーア(ブラジル)― ボタフォゴFC(ブラジル)― ブラガ(ブラジル)― ECヴィトーリア(ブラジル)― ABC FC(ブラジル)― SCタフリヤ・シンフェロポリ(ウクライナ)― アヴァイFC(ブラジル)― 川崎フロンターレ ― 名古屋グランパス。

 昨シーズンは名古屋で、J1リーグ16試合・0得点、ルヴァンカップ3試合・0得点、天皇杯0試合・0得点の成績を収めた。通算成績は、J1リーグ100試合・5得点、ルヴァンカップ12試合・1得点、天皇杯8試合・0得点、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)14試合・1得点。

 本人からのクラブを通じたコメントは発表されていない。

 2016年に加入して2018年途中まで在籍した川崎では、リーグ連覇にも大きく貢献している。豪快かつ強烈な球際の強さと推進力が魅力で、中盤を一人で圧倒するシーン(や試合)も数多く作ってきた。

 果たしてJリーグでのプレーを続ける、あるいは一旦ブラジルに帰国したのちに復帰する可能性もあるのか? もしくは、プライベートなどの問題のためだろうか……。

 31歳と守備者としては脂の乗りきる時期だけに、彼の力を必要とするJクラブは多いと思われるが……果たして!? 

関連記事:久保建英獲得に尽力、マジョルカCEOが解任!最下位タイの成績低迷のため

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads