【スペイン紙】久保建英がピケ、パレホらと「理想のイレブン」選出!

マジョルカの久保建英。※RCDマジョルカの公式ツイッター(@RCD_Mallorca)より

「エイバル戦の主人公だった」。今週末、ホームでバルセロナ戦! ”進化”した姿で、思い切ってぶつかるチャンス。

[スペイン1部 28節] マジョルカ – バルセロナ/2020年3月14日(日本時間15日2:30)/エスタディ・デ・ソン・モイシュ

 スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』はこのほど、スペイン1部リーグ27節の「理想のイレブン」を選定し、そこにSDエイバル戦(〇2-1)で決勝ゴールを決め、さらに先制点につながるフリーキックを獲得するなど2点を演出したRCDマジョルカの久保建英が選ばれた。

 その11人の顔触れは次の通り。

GK
ルベン・ブランコ
(セルタ・デ・ビーゴ)

DF
ジェラール・ピケ
(FCバルセロナ)

ダビド・ガルシア
(CAオサスナ)

マルク・ククレジャ
(ヘタフェCF)

イニゴ・レクエ
(アスレチック・ビルバオ)

MF
ダニ・パレホ
(バレンシアCF)

久保建英
(RCDマジョルカ)

オスカル・ロドリゲス
(CDレガネス)

FW
ジョアン・フェリックス
(アトレチコ・マドリード)

クリスティアン・テージョ
(レアル・ベティス)

モラレス
(レバンテUD)

 ピケ、パレホのサポートを受けて久保が中盤でボールを集めるとともにビルドアップ役を担い、モラレス、テージョ、ジョアン・フェリックスとともにぶ厚い攻撃を展開する――というようなシーンが目に浮かぶ。

 記事では、「日本人の久保建英はエイバル戦での主人公だった。後半戦の大切な勝利とともにエイバルからのダブル(ホーム&アウェーでの勝利)を達成。1部残留に向けて希望と自信をもたらした」と、18歳の日本代表MFのパフォーマンスを高く評価している。

 レアル・マドリードから期限付き移籍中の久保はリーグ24試合・3得点・3アシストを記録。新型コロナウイルスの感染の影響により、スペインリーグでも最低でも2週間にわたり無観客試合が実施されることが決定したなか、マジョルカはホームで首位FCバルセロナを迎え撃つ。サポーターの前で戦えないのは残念ではあるが、久保にとって、どれだけ進化をしてきたのか、思い切ってぶつけられる楽しみな一戦になる。

関連記事:久保建英がレアル・マドリード復帰「本命」4人に入る。ウーデゴール、ハキミ…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads