中村俊輔がFKから好機作り健在アピール!名古屋と横浜FCが練習試合で攻め合う

横浜FCの中村俊輔。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「DAZN」で中継。新加入の阿部浩之のゴールで、名古屋が1-0の勝利を収める。

[練習試合] 名古屋 1-0 横浜FC/2020年3月28日

 J1リーグの名古屋グランパスと横浜FCが3月28日にトレーニングマッチを行い、今季川崎フロンターレから加入した阿部浩之のミドルレンジからの一撃で、名古屋が1-0の勝利を収めた。この試合の模様は「DAZN」で中継された。

 両チームともに、このあと再びオフに入ることもあり、さまざまなテストを試みた一戦となった。

 名古屋は前田、相馬勇紀、マテウス、そして前田直輝が前線を構成して流動的に動きながら敵陣のギャップを突いていく。一方、横浜FCは一美和成がセンターフォワード、その後方で中村俊輔がサポート、そして昨年ポーランドU-20ワールドカップに出場した斉藤光毅が左MFに入る組み合わせで、強さ、技、スピードを上手く絡めてゴールを狙った。

 両チームともに主導権を握る時間帯があるなか、先制したのは名古屋だ。

 開始早々の4分、攻勢を強めると、しっかりボールをタメたシミッチがパス。阿部は反転しながらマークをかわして左足を振り抜く。コントロールされたボールがゴール隅に突き刺さり、先制点をもたらした。

 その直後、今度は左サイドの相馬が狙い澄ましたショットを放つ。が、ボールはクロスバーを直撃し、追加点はならず。

 一方、14分、横浜FCは斉藤の突破から敵陣左サイドの好位置でフリーキックのチャンスを掴むと、中村がキッカーを務める。精度の高いキックからボールがこぼれて決定機になったが……、中山克広のシュートは大きく枠を外れた。

 名古屋の前田、横浜FCの一美も決定的なチャンスを作り出したものの、ゴールネットを揺らせず。そして名古屋は山崎凌吾、横浜FCはイバとエース候補もテスト。結局、名古屋が1-0で勝利。最後まで攻め合うなか、それぞれが収穫と課題を見出していた。

 J1リーグは5月9日の再開を予定している。名古屋はサンフレッチェ広島と、横浜FCは横浜F・マリノスと、いずれも5月10日のアウェーゲームで組まれている。

関連記事:田中隼磨の息子、C大阪の新保海鈴が2種登録。ルヴァン同組、J初の親子対決実現なるか?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads