【名古屋】前分析コーチ堀尾氏が中部大ヘッドコーチに就任

グランパスくん。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

2016-19シーズンまで担当、パートナーシップを結ぶ同大へ。

 名古屋グランパスは5月1日、2016シーズンから2019シーズンまで名古屋トップチームのデータ分析コーチを務めた堀尾郷介氏が、クラブとパートナーシップ契約を結ぶ中部大学サッカー部のヘッドコーチに就任すると発表した。

 堀尾氏のプロフィールは次の通り。

堀尾郷介 / Kyosuke HORIO
愛知県出身、1990年7月18日生まれ、29歳。鹿屋体育大学サッカー部コーチ(2014~2016)― 名古屋グランパストップチームデータ分析コーチ(2016~2019)

堀尾氏のコメント
「名古屋グランパスで過ごした4年間では、日々の練習やファミリーで満員の試合、毎日のすべてが幸せな時間でした。 支えて下さったすべての方々に感謝しています。 今後は、名古屋グランパスのパートナーでもある中部大学のサッカー部でヘッドコーチを務めます。多くのことを学び、成長させていただいた名古屋グランパスでの経験をこれからのサッカー人生に活かしたいと思います」

関連記事:本田圭佑、シングルファザーと明かす?長友佑都のひとり親支援に「僕も対象者になれたのね」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads