【金沢】興國高FW杉浦力斗の来季加入内定を発表「全ての方への感謝を忘れず」

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

昨冬の全国選手権にも2年生ながら背番号「9」をつけて出場。

 J2リーグのツエーゲン金沢は5月2日、興國高校のFW杉浦力斗の2021シーズンの加入が内定したと発表した。

 杉浦力斗(すぎうら・りきと)は2002年10月22日生まれ、大阪府出身、17歳。182センチ、70キロのフォワード。これまでのキャリアは、IRIS生野U-12 ― IRIS生野U-15 ― 興國高校。昨冬の全国高校サッカー選手権にも2年生ながら背番号「9」をつけて出場している。

 杉浦はクラブを通じて次のようにコメントしている。

「この度、ツエーゲン金沢に加入することになりました杉浦力斗です。子供の頃からの目標であったプロサッカー選手になれたことを嬉しく思います。 今まで支えてくださった全ての方への感謝を忘れずに、1日でも早くピッチに立ちチームの勝利に貢献できるように頑張ります。 応援よろしくお願いします」

 自身のツイッター(アカウントは @fckRikito1119 )でも、そのように加入の喜びを伝えている。

 J2リーグは1節を終えた段階で、新型コロナウイルスの影響により中断中。政府の緊急事態制限の動向を見守り、6月あるいは7月からの再開を目指す。現状では6月上旬の開催は難しい。

関連記事:【日本代表】市場価格ランキング。中島、久保、南野…コロナ禍で暴落気味!?急浮上はあのDF

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Rikito SUGIURA of Kokoku higtschool will join Zweigen KANAZAWA next year.

Ads

Ads