【日本代表】市場価格ランキング。中島、久保、南野…コロナ禍で暴落気味!?急浮上はあのDF

モンゴル戦の日本代表スターティングメンバー。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

PSV移籍の堂安は最高値から4割減に。Jリーグ組では畠中が”大台”に乗せる!

 移籍専門サイト『トランスファーマーケット』のデータをもとに、日本代表の中心選手26人の『推定市場価格』をチェックし、ランキングにまとめた。新型コロナウイルスの影響により世界のプロサッカーの活動が休止するなか、ほとんどの選手の価値が下がった。これまで1位をキープしてきた中島翔哉(ポルト)は最高値から900万ユーロ(約10億円)減の1600万ユーロ(約19億円)、PSVに移籍した堂安律は同じ比較で約4割減となる630万ユーロ(7億5000万円)、久保建英も若干150万ユーロ(約1億8000万円)減の1350万ユーロ(約16億円)に。そうしたなか冨安健洋(ボローニャ)が久保と並ぶ1350万ユーロまでアップしている。

 また、南野拓実はRBザルツブルク時代は500万ユーロ(約6億円)だったが、リバプールへの移籍直前の昨年12月に1250万ユーロ(15億円)へ価値が跳ね上がった。しかし移籍後は出場機会を得らえず、現在1000万ユーロ(12億円)となっている。

 Jリーグ勢では、畠中槙之輔(横浜FM)が一つの目安と言える「100万ユーロ=約1億2000万円」の”大台”に乗った。

 あらゆるデータをもとに算出された「推定市場価格」は、あくまで参照のデータと言える。期待値も含まれ、欧州での実績がより反映され、比較的若い選手が高く評価される傾向にある。Jリーグの選手は、日本代表での出場があると評価が上がっている印象だ。

 ランキングは以下の通り。

▽主な日本代表選手26人の『推定市場価格』
※『トランスファーマーケット』参照

1位 中島翔哉 
1600万ユーロ/約19億円
(MF/25歳/ポルト)

2位 久保建英 
1350万ユーロ/約16億円
(MF/18歳/マジョルカ)

2位 冨安健洋 
1350万ユーロ/約16億円
(DF/21歳/ボローニャ)

4位 南野拓実 
1000万ユーロ/約12億円
(FW/25歳/リバプール)

5位 鎌田大地 
800万ユーロ/約9億5000円
(MF/23歳/フランクフルト)

6位 堂安 律 
630万ユーロ/約7億5000円
(MF/21歳/PSV)

7位 酒井宏樹 
550万ユーロ/約6億5000万円
(DF/30歳/マルセイユ)

8位 伊東純也 
450万ユーロ/約5億3000万円
(FW/27歳/ヘンク)

9位 吉田麻也 
400万ユーロ/約4億8000万円
(DF/31歳/サンプドリア)

10位 香川真司 
240万ユーロ/約2億8000万円
(MF/31歳/サラゴサ)

11位 遠藤 航 
160万ユーロ/約1億9000万円
(MF/27歳/シュトゥットガルト)

11位 岡崎慎司 
160万ユーロ/約1億9000万円
(FW/34歳/ウエスカ)

11位 原口元気 
160万ユーロ/約1億9000万円
(FW/28歳/ハノーファー) 

14位 浅野拓磨 
140万ユーロ/約1億6000円
(FW/25歳/パルチザン)

15位 柴崎 岳 
120万ユーロ/約1億4000万円
(MF/27歳/デポルティーボ)

15位 橋本拳人 
120万ユーロ/約1億4000万円
(MF/26歳/FC東京)

17位 永井謙佑 
110万ユーロ/約1億3000万円
(FW/31歳/FC東京)

18位 畠中槙之輔 
100万ユーロ/約1億2000万円  
(DF/24歳/横浜F・マリノス)

18位 室屋 成 
100万ユーロ/約1億2000万円
(DF/26歳/FC東京)

20位 安西幸輝 
80万ユーロ/約9500万円
(DF/24歳/ポルティモネンセ)

20位 板倉 滉 
80万ユーロ/約9500万円 
(DF/23歳/フローニンゲン)

20位 植田直通 
80万ユーロ/約9500万円
(DF/25歳/セルクル・ブルージュ)

20位 シュミット・ダニエル 
80万ユーロ/約9500万円
(GK/28歳/シント=トロイデン)

20位 長友佑都 
80万ユーロ/約9500万円
(DF/33歳/ガラタサライ)

25位 権田修一 
32万5000ユーロ/約3900万円 
(GK/31歳/ポルティモネンセ)

26位 川島永嗣 
15万ユーロ/約1800万円
(GK/37歳/ストラスブール)

関連記事:【日本代表血液型ランキング】久保ら東京五輪世代は全員A型。AB型はゼロのまま

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads