ベルギーリーグが正式に終了決定。鈴木優磨、シュミット、伊藤達哉、松原后…シント=トロイデン日本人選手全成績

シント=トロイデンの鈴木優磨。(C)STVV

レギュラーシーズンは振るわず、12位でシーズンを終える。コミットメントを発表。

 ベルギーリーグは5月15日の総会で、リーグ戦の終了を正式に決定した。ベルギー1部リーグは29節終了時点が最終成績。鈴木優磨、松原后、伊藤達哉、シュミット・ダニエルの4選手が在籍した1部リーグのシント=トロイデンVVは9勝6分14敗、勝点33の12位でとなった。クラブは同日、次のようにコミットメント(声明)を発表した。

――◆――◆――◆――

 本日5月15日(金)ベルギーリーグ総会にて「2019-2020シーズンの現順位での打ち切り」(29節終了時点)が決定しましたことを、ご報告いたします。

 決定に伴い、今シーズンのSTVVの成績は9勝6分14敗、勝点33(33得点・50失点)の12位となりました。

 ファン、サポーターの皆さま、スポンサーの皆さま、ボランティアの皆さま、STVVに関わっていただいている全ての皆さまに心より御礼申し上げます。

 中止となった試合のチケットの補填方法につきましては来週詳細をお知らせいたします。

 再びサッカーの試合が開催されるには、ファン、サポーターの皆さま、スポンサーの皆さま、ボランティアの皆さまの健康・安全が保証されなければいけません。皆さんが普段の生活に戻り、再びスタイエンでお会いできることを楽しみにしています。

 STVVは2020-2021シーズンも全力で闘ってまいります。引き続き、皆様のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

――◆――◆――◆――

 日本人選手の成績は次の通り。

▼GK 
シュミット・ダニエル 20試合(クリーンシート5試合)
▼DF
松原后 1試合・0得点(1月28日に完全移籍で清水エスパルスから加入)
▼MF
伊藤達哉 7試合・0得点
▼FW

鈴木優磨 24試合・7得点
 

関連記事:鈴木優磨の真剣な一問一答が面白い「鹿島で優しかった選手は?」「目標の選手は?」…イ・スンウは『Kyodai』

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads