鈴木優磨の真剣な一問一答が面白い「鹿島で優しかった選手は?」「目標の選手は?」…イ・スンウは『Kyodai』

シント=トロイデンの鈴木優磨。(C)STVV

日本で一番嫌いなディフェンダーは「昌子源」。

 ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVV(STVV)でプレーする前鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が4月6日夜から、SNSのインスタグラム(アカウントは @yuma.suzuki.9 )のストーリーで「なんでもどうぞ」とファンからの気になる様々な質問に真剣に答えている。「ベルギーはどうですか」「なぜスパイクを変えたの?」「対戦したくないDFは?」など、それぞれ意外な一面であり、なるほどと思わせる回答を連発している。24時間で終わるサービスで、日本時間の7日夜まで受け付けている。

 2018年にアジアの頂点へと導き鹿島ですべてのタイトルを獲得し、ケガで招集は実現されなかったものの日本代表にも選ばれた。そして満を持して海外挑戦の道を選択した。ベルギーでの生活、鈴木はどのように過ごしているのか? ピッチ上からプライベートに至るまで、次のように回答している。一部を紹介しよう。

Q:「ベルギーはどうですか?」
A:「基本天気が悪いです」

Q:「なんでスパイクをプーマに変えたの?」
A:「履きやすいし、ルカクが履いているから」

Q:「しゃべれるようになりました?」
A:「わかんないから俺が日本語を教えている」

Q:「ゴールを決めることで意識していることはなんですか」
A:「自分のためじゃなくて、チームのために走れば、最後こぼれてくるよ」

Q:「松原選手とはもともと仲良しだったんですか?」
A:「彼と仲良くなる日が来るとは思いませんでした。チームメイトになるとも思いませんでした。自分より数字に弱い人は初めて見ました」

Q:「今まで対戦したなかで、すごいなって思った選手は誰ですか」
A:「ダンさん」=シュミットダニエル

Q:イ・スンウ選手と仲良しですか?
A:「kyodai」

Q:「日本で一番嫌いなディフェンダーは誰ですか?」
A:「昌子源 対戦は避けたい」

Q:「鹿島にいる時、特に優しくしてくれた選手は誰ですか?」
A:「毎年旅行つれていってくれました」=西大伍

Q:「目標としている選手はいますか?(日本人と海外選手)」
A:「海外はベンゼマ 日本は岡崎慎司選手」

 さらには伊藤達哉との2ショット写真、三竿健人との現在も続く交流、「結婚のご予定は?」という攻撃的な質問にも”意外”な持論を展開している。

関連記事:非常事態宣言、どうなるJリーグ?「安全」のお墨付きが再開条件になるかダビド・シルバの移籍先は神戸、マイアミの二択か

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads