鈴木優磨の2試合連続弾でSTVV連勝「全員で決めたゴール」

シント=トロイデンの鈴木優磨。 (C)STVV

GKシュミット・ダニエルもフル出場で無失点に抑える。

[ベルギー 14節] シント=トロイデン 1-0 オーステンデ/2019年10月30日/スターイエン

 ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVV(STVV)は14節、FW鈴木優磨の2試合連続ゴールでK.V.オーステンデに1-0の勝利を収めた。日本代表GKシュミット・ダニエルはフル出場で無失点に貢献、伊藤達哉はベンチ入りしたものの出場機会を得られなかった。STVVは2連勝。

 STVVは前半、パスをつないでチャンスを見出そうとしたものの決定機を作り出すことができない。ただピンチではシュミットのセーブで凌ぎ、後半を迎える。

 そして56分、左サイドバックのアラン・ソウザのクロスに鈴木がヘッドで合わせて、2試合連続でゴールをねじ込み先制に成功。これが決勝点となって、ホームチームが勝点3を獲得した。

 鈴木は試合後、次のように語った。
 
「少しずつ二人で組む時間も増えてきた(ヨハン)ボリと目が合い、自分がファーに逃げた時に、ボリがしっかりニアでマーカーを引き連れてくれたので、ボールに当てるだけでした。
 
(左SBの)アランも絡んだ3人で崩せて、その前の守備を含め、全員で取ったゴールだと思います。
 
 やっとチームとしていい形ができてきたと思うし、これを継続して、最後プレーオフ1に勝ち残れるように、次の試合も勝ちたいです」
 
 鈴木はそのようにゴールと勝利を喜んだ。
 
 鈴木は9試合(575分)3ゴール。シント=トロイデンは5勝3分5敗(12得点・20失点)で暫定10位。次節は11月9日(日本時間10日4:00)、日本代表DF植田直通の所属するセルクル・ブルージュと対戦する。
 

関連記事:STVV鈴木優磨がホームシック報道を「おれが?ないない」と全面否定

Topics: Sint-Truidense VV 1-0 Koninklijke Voetbalclub Oostende.Yuma Suzuki has scored the final goal!

Ads

Ads