【G大阪】週明け25日からチーム活動再開!まずはグループトレーニングから

G大阪の宇佐美貴史。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

クラブハウス内は使用せず、グラウンドに直行直帰。家族を含めた健康報告も継続。

 J1リーグのガンバ大阪はこのほど、新型コロナウイルス感染症の影響により中断・休止していたトップチームとU-23チームの活動について、大阪府に発出されていた政府からの緊急事態宣言の解除を受けて、週明けの5月25日・月曜日からトレーニングを再開すると発表した。

 まずは、少人数ごとのグループ練習から活動を再開する。当面の間はクラブハウス内を使用せず、駐車場からグラウンドに直接移動する形で、直行直帰となる。

 また、ペットボトルなどによる飲料水の共用を避け、これまでから引き続き密集・密閉・密接の「三密」を防ぐ対策を徹底する。さらに、感染症拡大防止に向けた対応として、従来通り選手・スタッフとその家族の日々の検温や行動記録の報告は継続して行なっていく。

 トップチームとU-23チームの練習は、引き続きメディアを含め非公開練習となる。

 Jリーグは22日にNPBとの新型コロナウイルス対策連絡会議、さらに臨時の実行委員会を実施。実行委員会では、25日に首都圏の緊急事態宣言が解除された場合、29日に再開日程を発表することを申し合わせた。選手の調整には4、5週間が必要という声もあり、順調に行けば、早くて6月下旬、あるいは7月上旬にも再開を迎えられそうだ。

関連記事:【Jリーグ】「無観客試合」の呼称を変えたい…村井チェアマン「制裁とは意図も狙いも異なる」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads