鎌田大地がドイツ誌ベストイレブン初選出!採点は5段階評価の「2」

フランクフルトの鎌田大地。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

バイエルンのヨシュア・キミッヒらとともに選ばれる。

 ドイツのサッカー専門誌『キッカー』は5月28日、ドイツ・ブンデスリーガ1部・28節のベストイレブンを発表した。その中で、26日に行われたSCフライブルク戦(スコアは3-3)で、自身リーグ初ゴールを含む2得点に絡んだアイントラハト・フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が初めて選出された。

 採点は6段階(1が最高、6が最低)で、鎌田は「2」だった。

 今回選ばれたのは、そのカードに臨んだ相手チームのGKアレクサンダー・シュヴォロウ、大迫勇也と同僚のヴェルダー・ブレーメンのクリスティアン・グロース、ボルシア・ドルトムントとの大一番で決勝のチョップキックショットを決めたヨシュア・キミッヒをはじめ次の11人に。

▼GK
アレクサンダー・シュヴォロウ(SCフライブルク)
採点:1

▼DF
マリン・ポングラチッチ(VfLヴォルフスブルク)
採点:1.5

ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
採点:2

クリスティアン・グロース(ヴェルダー・ブレーメン)
採点:2

▼MF
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
採点:1.5

マクシミリアン・アーノルド(VfLヴォルフスブルク)
採点:1

レナート・ステッフェン(VfLヴォルフスブルク)
採点:2.5

鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)
採点:2

クリストフ・バウムガルトナー(TSGホッフェンハイム)
採点:1

ヴィンチェンツォ・グリフォ(SCフライブルク)
採点:2

▼FW
ロウヴェン・ヘニングス(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
採点:2.5

 今季ベルギーのシント=トロイデンVVから復帰した鎌田は、ヨーロッパリーグ(EL)では9試合・6得点と大活躍。そして今回、1-1の同点に追いつくシュートを放ち(こぼれ球を味方が押し込んだ)、さらに待望のブンデスリーガ初ゴールを決めてみせた(今季ブンデスリーガ22試合・1得点)。

関連記事:鎌田が執念のブンデスリーガ初ゴール!長谷部もフル出場、フランクフルトは土壇場ドロー

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads