【Jリーグ】無観客スタート、7/10以降観戦可能に。7/4にJ1再開、6/27にJ2再開・J3開幕

トピックス・ニュース, Jリーグ

Jリーグ村井満

サカノワスタッフ

横浜F・マリノスの仲川輝人(中央)、オナイウ阿道(右)ら。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

全選手・スタッフ・審判へのPCR検査を2週間に一度実施、ルヴァンカップの詳細は後日発表へ。

 Jリーグは5月29日に臨時の実行委員会を開き、新型コロナウイルスの影響により中断していたリーグ戦について、J1は7月4日に再開、J2は6月27日に再開、J3も同じく6月27日に開幕すると決めた。まずは無観客で開催され、政府や自治体の見解をもとに、7月10日以降、スタジアムでの観戦を認め、段階的に人数を増やしていく。また、全選手・スタッフ・審判に対するPCR検査を2週間に一回実施する。

 新型コロナウイルスの影響によりJリーグは3月26日以降、すべての公式戦が中断されていた。J3に至ってはまだ開幕も迎えられずにいる状況だった。今回、感染者の減少と全国の緊急事態宣言の解除を受けて、リーグの再開・開幕の日程を定めた。併せて今後の留意点、課題などを改めて整理し、今後さらに協議をしながら詰めていく。ルヴァンカップに関する日程などの発表は今回なかった。

 当面(7月中旬まで)は感染リスクを鑑みて、移動距離の少ないカードが優先的に組まれる。

 村井満チェアマンは実行委員会のあとのオンラインでのメディアブリーフィングで、7月10日以降に向けて「お客様を迎えいれていく準備を進めていきます」「(北九州でのクラスター発生など全国で状況が異なるが?)今後は地域の状況を踏まえたうえで開催していくことになります」と語った。

 ただし、新型コロナウイルスの感染状況によっては、限定的に観客を迎え入れたあと、再び無観客に戻すこともあり得る。

 選手サイドからはケガへの心配から、約1か月――4、5週間は調整が必要だという声が出ていた。そういった声を踏まえて、今回の日程に決まった。とはいえ、いきなり夏場の連戦に突入することから、各チームはさっそく総力が問われそうだ。

関連記事:【東京五輪】1年後へ「精力的に準備」。安倍首相は「完全な形での開催」を改めて強調

[取材・文:塚越 始]

Ads

Ads