×

【C大阪】クルピ監督が「濃厚接触疑い」で横浜FM戦欠場。選手・スタッフ計3人が新型コロナ陽性に

レヴィー・クルピ新監督。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

今日19時からの試合は予定通り開催へ。セレッソは計5人を欠く状況に。

 J1リーグのセレッソ大阪は4月6日、前日の選手とスタッフ計2人に続きトップチーム関係者1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。また、Jリーグ独自の基準で、レヴィー・クルピ監督ら2人が「濃厚接触者疑い者」に。このあと19時から日産スタジアムで行われる横浜F・マリノス戦は、陽性判定を受けた3人とクルピ監督ら濃厚接触者疑いの2人の計5人が不在のなか開催される予定。クラブは「今後、保健所による濃厚接触者の判定など保健所の指導に沿って適宜対応していきます」と報告している。

■トップチーム関係者1名の経過、症状
 4月5日に陽性診断を発表した、トップチーム選手1人、トップチーム関係者1人を除く選手・スタッフは同日夜に翌日の横浜F・マリノス戦のため横浜へ移動。

 4月6日7時30分にPCR検査を実施したところ、同日正午にトップチーム関係者1人が陽性診断を受けた。当該関係者は現在、体調不良、発熱などの症状を訴えていない。

4/1(木)
チーム活動参加(体温36.3℃) 
PCR検査(Jリーグ公式検査)→4/1検体採取 4/3陰性判定

4/2(金)
チーム活動参加(体温36.3℃)

4/3(土)
チーム活動参加(体温36.3℃)

4/4(日)
OFF(体温36.3℃)
PCR検査→4/4検体採取 4/5陰性判定

4/5(月)
チーム活動参加→横浜移動(体温36.5℃)

4/6(火)
ホテル待機(体温36.3℃)PCR検査→4/6検体採取 4/6陽性診断

■判明後の対応
横浜FM対C大阪戦は、これまで陽性と診断されたトップチーム選手1人、トップチーム関係者2人、また濃厚接触疑い者2人(うち1人はクルピ監督)の計5人を除いて開催予定。

 また5日に陽性診断を受けた選手1人、関係者1人と濃厚接触に該当する選手・スタッフはいなかったと、保健所から連絡を受けた。

注目記事:【Jリーグ】チームに企業名を認める!?将来に向けて”検討に値するか検討”

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads