【名古屋】オンラインでの練習再開。金崎の新型コロナ感染を受けて

金崎夢生(2017年)写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

クラブが現状を報告。選手・スタッフは不要不急に外出を控える。

 J1リーグの名古屋グランパスは6月5日、元日本代表FW金崎夢生に同2日に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、現在の状況を報告した。

 濃厚接触者にあたる選手・スタッフ19人については4日に全員PCR検査で陰性判定となり、自宅待機を続けている。また、その他の選手やトップチームスタッフについては、不要不急の外出を控えるよう指示している。

 また、もしも体調不良を訴える者が出た場合には、速やかに関係各所と連携する体制を整えている。

 そしてチームは5日からビデオ会議システム「ZOOM」を活用したオンラインでのトレーニングをスタートさせたということだ。

 チームは2日からトップチームの練習を休止している。クラブが6月2日に発表した、金崎の感染が明らかになるまでの経過は次の通り。金崎自身の意思で公表した。

▼5月27日(水)
グループトレーニング参加(体温36.2℃)

▼5月28日(木)
グループトレーニング参加(体温35.8℃)

▼5月29日(金)
グループトレーニング参加(体温36.1℃)
練習後に発熱および倦怠感と頭痛(体温38.5℃)

▼5月30日(土)
チーム練習OFF(体温37.2℃)

▼5月31日(日)
チーム練習OFF(体温36.2℃)

▼6月1日(月)
朝から発熱および倦怠感と頭痛(体温38.0℃)
そのため全体トレーニング欠席
愛知県内の病院にてPCR検査を実施

▼6月2日(火)
PCR検査陽性判定

 金崎は2日時点で平熱(36.3℃)に戻っているものの、愛知県内の病院に入院し体調回復につとめている。

▼5月27日(水)
グループトレーニング参加(体温36.2℃)

▼5月28日(木)
グループトレーニング参加(体温35.8℃)

▼5月29日(金)
グループトレーニング参加(体温36.1℃)
練習後に発熱および倦怠感と頭痛(体温38.5℃)

▼5月30日(土)
チーム練習OFF(体温37.2℃)

▼5月31日(日)
チーム練習OFF(体温36.2℃)

▼6月1日(月)
朝から発熱および倦怠感と頭痛(体温38.0℃)
そのため全体トレーニング欠席
愛知県内の病院にてPCR検査を実施

▼6月2日(火)
PCR検査陽性判定

 金崎は2日時点で平熱(36.3℃)に戻っているものの、愛知県内の病院に入院し体調回復につとめている。

関連記事:【名古屋】金崎夢生が新型コロナウイルス陽性反応、チーム活動中止。Jリーグ再開への影響は?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads