【浦和】経営危機打開へクラウドファンディング開始。立花社長「クラブは非常に苦しい状況」

埼玉スタジアムでの浦和とサポーター。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

1億円を目標に6月20日開始、8月31日まで。

 浦和レッズは6月20日、クラブとして初めてクラウドファンディングを実施すると発表した。リモートマッチ(無観客試合)開催に加え、その後も観客動員数の制限がかかり、さらには平日開催の増加なども鑑み、今季は極めて厳しい経営状況になると予想を立てている。立花洋一社長は現状だと、約10億円の赤字が出る試算が出ていると明かした。

 そうしたなかでクラブは今回、「クラウドファンディングの試みは、『ONE HEART TOGETHER!』の合言葉のもと、浦和レッズの未来のため、浦和レッズの理念実現のため、そしてまた世界の舞台で戦うために、レッズファミリーが一体となって挑戦していきたいと考え、実施することとなりました」と報告するとともに、協力を呼び掛けている。

【プロジェクト概要】
・プロジェクトタイトル
「ONE HEART TOGETHER!~浦和レッズの未来のために~」

・ページURL
https://readyfor.jp/projects/urawaredschallenge

・実行者
浦和レッドダイヤモンズ

・目標金額
1億円

・公開期間
2020年6月20日(土)17時~8月31日(月)23時

・形式
購入型/ALL-IN形式

・資金使途
チーム運営費、試合運営費用等のクラブ運営のための費用

※目標金額の達成の有無に関わらず、集まった寄附金を受け取ることができる形式です。

【本プロジェクトのリターン(一部)】
本プロジェクトへの支援者様には金額に応じてグッズや権利などのリターンをご用意しています。
詳細は https://readyfor.jp/projects/urawaredschallenge をご確認ください。

◎立花洋一社長のコメント
「いつも温かいご支援、サポートを皆さまにいただき、改めて感謝を申し上げます。

 このたび、浦和レッズとして初めて、クラウドファンディングのプロジェクトを行うことになりました。

 浦和レッズの理念を実現するため、そして再び世界の舞台で戦うため、みなさまにご賛同いただき、ご支援をいただければ幸いです。

 先日、クラブから発表をさせていただいた通り、このコロナ禍において、クラブは非常に苦しい状況に立たされております。チーム活動の休止中、さまざまな場面で、オンラインという手段が主ではありましたが、多くの皆さまと時間を共にさせていただきました。 その際、皆さまも大変な状況のなかにも関わらず、多くの励ましのお言葉をいただきました。クラブが果たさなければならない役割を改めて実感しました。

 皆さまにこのプロジェクトにご賛同いただき、ご支援をいただけますようお願いいたします。

『ONE HEART TOGETHER!』

 物理的な距離が離れていても、わたしたちの心は共にある、というメッセージです。 また埼玉スタジアムにて、みなさまにお会いできる日を楽しみにしております」

関連記事:【移籍情報】浦和のマウリシオにブラジル名門サントスが接触か

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads