【G大阪】ニコ生と連携、ダービー勝利へ応援メッセージをビジョンで配信

※大型映像装置(G ビジョン)へのコメント配信イメージ 。写真提供:ガンバ大阪

新たな観戦スタイルのトライアルとして。

 J1リーグのガンバ大阪は7月4日に開催される2節・セレッソ大阪戦、『#ホームで勝とう ~ガンバとともに~』プロジェクトとして、株式会社ドワンゴ、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社と合同で、ニコニコ生放送で『パナスタライブ!』を配信すると発表した。さらにニコニコ生放送の一部の映像を大型映像装置に並行して配信することも決定した。

  クラブによると、リモートマッチ(無観客試合)で観戦するファン・サポーターのために、リモートで応援できる環境と、ファン同士のコミュニケーションができる場所として提供したい考えだ。今後の「With コロナ」、「After コロナ」での新たな観戦スタイルのトライアルとして位置付けている。

 将来的には「ガンバ大阪公式ニコニコチャンネル」を開設。ニコニコ放送中のコメント機能とともに「応援ギフティング(仮称)」を実施することで、ファン・サポーターに、これまでになかった形でのサービス提供の可能性を探っていく。

 今回の7月4日のC大阪戦では、試合開始2時間前から試合終了後までサービスを提供する予定。 試合前に実施する『パナスタライブ!』をニコニコ生放送で配信する (番組 URL https://live.nicovideo.jp/watch/lv326697039 ) 。

 ニコニコ生放送番組の一部をパナソニックスタジアム吹田の大型映像装置(G ビジョン)に配信し、ニコニコ生放送のコメント機能を通して、応援メッセージを選手へ届ける予定(※ニコニコ生放送で試合映像の配信は行われない)。

 応援メッセージの大型映像装置(G ビジョン)への配信は17時15分頃のウォームアップ時から開始を予定している。

【協力】 株式会社ドワンゴ、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社

関連記事:【大分】“大幅変更”の新戦術に挑戦。片野坂監督「戦いの幅を広げるため」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads