【横浜FM】喜田拓也が強調した「みんなの思いを背負って」「スピード感を持ち」「ジタバタせず」

横浜FMの喜田拓也。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

リモートマッチ、限られるスタジアム入りする選手・スタッフ数。その気持ちに応えたい――。

[J1 3節] 横浜FM – 湘南/2020年7月8日18:30/ニッパツ三ツ沢

 7月4日に再開したJ1リーグ、浦和レッズとスコアレスドローに終わった横浜F・マリノスのキャプテン喜田拓也は、連戦が続くなかスピード感を持って連係を高めていくこと、イレギュラーな環境に対応していくことの大切さを強調した。加えて、リモートマッチや今後の試合、スタジアム入りする選手・スタッフの人数も制限されることから、その全員の気持ちを背負って戦うと決意を示した。

 アウェーでの一戦、チームとして狙っていた崩しを何度も見せ、チャンスの数では上回ったが、ゴールを仕留めきれなかった。フル出場した喜田はまず改めてこの日を迎えられたことに感謝した。

「これまで通りとはいかない環境での試合で、普段、来ることのできるスタッフが(感染症予防対策のガイドラインで規定されているため)スタジアムに入れないこともあったので、来られない選手とスタッフの思いも背負ってプレーしようと思っていました。いろんな方への感謝の思いを持ってピッチに立ちました」

 さらに喜田は悔しそうに試合を振り返りながらも、今後は「スピード感を持って」の個々とチームのチューニング、ブラッシュアップの大切さも訴えた。

「(決定機的なチャンスは)もちろん一つ二つはあり、他にも確実に決められた場面があったと思うので、その(決め切れなかった)要因、この結果になった経緯を、改めて冷静になり、みんなで分析して話し合っていければと思います。中3日で試合が続いていくので、そこのスピード感を持って、しっかりやっていきたいと思います」

 給水ボトルは個別のものしか使用できず、とりわけピッチ中央でプレーする喜田のような選手は試合中の飲水も簡単にはいかない。ただ、それに対応するしかないと受け止める。

「そこに対応していくしかない。そこでジタバタせずにと考えていました。想定外のことは今後も起こり得ると思います。この状況下、何が起きてもおかしくない。そこはどっしり構えて、試合中にも言えることですが、ピッチ外のこともストレスに感じず対応していければと思います」

 どのような状況でも、冷静さを大切に――。喜田は自分自身に伝えるように語っていた。

 横浜FMは明日8日、ホームで湘南ベルマーレとのリモートマッチで、今季リーグ初勝利を懸けて対戦する。

関連記事:【横浜FM】喜田拓也が語る天野純との再会。「もう一度、優勝しよう」あの時交わした約束

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads