【鹿島4-2横浜FM】上田綺世2発、エヴェラウド初得点、鹿島が昨季王者から今季初勝利

鹿島の上田綺世(町田との練習試合より)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

横浜F・マリノスも特長を発揮。GKからつないでゴールを決めるなど、マルコス・ジュニオールが2得点。

[J1 5節] 鹿島 4–2 横浜FM/2020年7月18日18:00/カシマサッカースタジアム

 J1リーグ5節、鹿島アントラーズが横浜F・マリノスに4-2の勝利を収め、今季公式戦で初めての勝利を掴んだ。日本代表FW上田綺世が2ゴール、エヴェラウドと白崎凌兵が1ゴール。開幕から続いたクラブワーストとなるリーグ4連敗、公式戦6連敗で食い止めた。横浜FMのマルコス・ジュニオールも2得点を記録した。

 鹿島は上田と遠藤康の2トップ、エヴェラウドが左MFに入る新たな組み合わせの4-4-2を採用。この布陣が奏功して、開始早々の4分、エヴェラウドの左サイドからのクロスをファーサイドにいた上田がトラップ。右足で強烈なボレーを叩き込み、今季初めてオウンゴール以外でのゴールを記録する。

 12分、アウェーの横浜FMも負けていない。GK梶川裕嗣から丁寧につないで、最後は仲川輝人のクロスをマルコス・ジュニオールが仕留めるという、チームの特長を発揮する一撃で同点とする。

 選手を交代しながらも徐々にスペースができてきた58分、右SBの広瀬陸斗のクロスに、一瞬早く抜け出した上田がスライディングしながら右足で合わせて2点目! ホームチームが勝ち越しに成功する。さらに67分、ファン・アラーノのクロスに、逆サイドから詰めたエヴェラウドが落ち着いて合わせ3点目を決める。

 その後、マルコス・ジュニオールに2点目を決められる。しかし82分、横浜FMの最終ラインのミスパスを、交代出場した白崎がそのまま蹴り込み、鹿島が4-2とリードを広げる。

 さらに打ち合いが続いたが、新型コロナウイルスの影響による中断明け、初めてカシマスタジアムに一部観客を迎え入れて行われた一戦(3090人動員)、ホームチームがついに勝利を掴んだ。横浜FMは2連敗。

関連記事:JFAがクラブの仲介人報酬額公表。清水9477万円、長崎8587万円、G大阪7877万円…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads