U-19代表の感染者は町田FW晴山岬。濃厚接触者なし、2日の京都戦予定通り開催へ

FC町田ゼルビアのサポーター。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

7月31日のJリーグによる定期検査では、晴山以外は全員陰性。

 J2リーグのFC町田ゼルビアは8月2日、FW晴山岬に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたと発表した。晴山は8月1日に千葉県内で行われたU-19日本代表のトレーニングキャンプに合流した際、 集合時に参加者全員に対して行われた SmartAmp法とPCR検査の結果、陽性反応が認められた。

 現在は37.2 度の発熱があり病院で療養している。その他の町田の選手・スタッフには体調不良などの症状は確認されていない。また7月31日に全選手・スタッフに対して行ったJリーグ公式のPCR検査の結果が2日に判明し、晴山を除く全員が陰性であったことが確認された。

 検温は毎日実施していて、8月1日と2日に37.5度以上だったのは晴山以外にいなかった。

 8月2日にアウェーで開催されるJ2リーグ9節の京都サンガF. C.戦は、所管の保健所による確認の結果、遠征メンバー・帯同スタッフともに濃厚接触者は「なし」との判断が下され、Jリーグ、京都との協議の結果、予定通り開催することとなった。

 クラブは「今後も保健所・専門家・Jリーグの提言を受けながら情報の公表を速やかに行ってまいります」としている。

注目記事:ウニオン・ベルリン首脳が「遠藤渓太は香川真司を想起させる」と語る理由とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads