【名古屋】フィッカデンティ監督が少しだけ明かした浦和対策「上手くしっくりいった時の強さがある」

名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「最近もメンバーを変えながら、継続性を持てずにやっているのかなと感じるところもありますが――」

[J1 9節] 名古屋 – 浦和/2020年8月8日18:00/豊田スタジアム 

 J1リーグ名古屋グランパスのマッシモ・フィッカデンティ監督が8月6日、2日後の浦和レッズ戦に向けた記者会見を行い、「それぞれ特長のあるいい選手が揃っている。上手くしっくりいった時の強さはある」と今季から4-4-2を採用する新生レッズを警戒した。

 チームは開幕から無敗をキープしてきたものの、前節の柏レイソル戦で0-1と初黒星を喫した。ルヴァンカップ清水エスパルス戦の3-0の快勝を挟み、ホームで続くリーグ連戦は、まず連敗を阻止しなければならない。

 フィッカデンティ監督はメンバーを入れ替えて勝利を収めた清水戦について、「ゲーム内容をはじめこれまで出場機会を得られずにいた選手たちがどれだけやれるのか把握でき、すぐと言うよりも今後に生きる収穫となりました」と、チームの総合力に手応えを得ていた。

「現在チームとしてある程度、何人か入れ替えても同じようにいいパフォーマンスを発揮できています。相手はそれを抑えてこようとしてくるので、しっかりまず浦和がどのようなサッカーをしてくるのかを見ています。相手のいいところを出させないのはもちろんです。逆にこちらの武器をどのように消してくるのか。『こういう消し方をしてくるだろう』と。しかし、それに対し、さらに上を行くための準備をしています。こちらも誰が試合当日までに回復できるのか、ケガから治ってくるのか待ちたいところはあります」

 そして浦和の印象について、次のようにも語った。

「浦和に関しても、誰が試合に出ても、メンバーを見ても誰がスタメンなのか分からないぐらい選手層が厚いです。それぞれ特長のある選手が揃い、いいチームですね。上手くしっくりいった時の強さはあり、そういった高いレベルで来ることを想定しています」

 フィッカデンティ監督はそのように浦和対策を少しだけ明かした。

 また、金崎夢生、前田直輝、ガブリエル・シャビエルの3人は、もしかするとプレーが可能だという。一方、他の負傷者はまだこの試合には間に合わないようだとも説明した。

関連記事:香川真司のサラゴサが「理不尽」な昇格POに怒りの声明。6チーム昇格など提案

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads