ビジャレアル始動、エメリ監督ら新体制が発表される。久保建英の現地入りは間もなくか

久保建英。(C)SAKANOWA

選手たちのメディカルチェックの様子がSNSで配信される。新型コロナウイルスの検査も受ける。

 スペイン1部リーグのビジャレアルCFは8月10日、クラブ公式サイト(https://villarrealcf.es/)で新シーズンに向けて活動をスタートさせたことを報告した。この日、選手たちはメディカルチェックを実施。また、イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCを経て今季就任したウナイ・エメリ新監督のもとで務めるコーチングスタッフも発表された。

 スペインメディア『アス』などが、1年間の期限付き移籍で「合意している」というレアル・マドリードの日本代表MF久保建英だが、現地の10日14時時点で、加入の正式発表はされていない。SNSのクラブ公式アカウントでは、選手たちのメディカルチェックの様子が一部公開された。そこにはまだ久保の姿はなかった。また、クラブ公式サイトによると、選手たちはスペイン政府の方針のもと、プレシーズンを控え、新型コロナウイルスの検査も受けたそうだ。

 エメリ体制は次の通り。2019-20シーズンから6人の顔触れが変わった。フィジカルトレーナーのマリオ・セラーガ氏はビジャレアルBからの昇格ということだ。

▼トップチーム監督
ウナイ・エメリ

▼セカンドコーチ
イマノル・イディアケス

▼フィジカルトレーナー
(セラピスト)
マリオ・セラーガ

▼分析担当
ビクトール・マナス

▼テクニカルアシスタント
パブロ・ビリャヌエバ
パブロ・ロドリゲス

▼GKコーチ
ハビ・ガルシア

▼メディカルサービス責任者
アドルフォ・ムニョス

▼主務
シスコ・ナダル

 ビジャレアルは2019-20シーズン、リーグ18勝6分14敗(63得点・49失点)で勝点60を獲得し、5位でシーズンを終えた。新シーズンはヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得している。

 また、エメリ監督は1971年11月3日生まれ、スペイン出身の48歳。2004年から監督を務め、ロルカ・デポルティーバFCを皮切りに、UDアルメリア、バレンシアCF、スパルタク・モスクワ、セビージャFC、パリ・サンジェルマン、そしてアーセナルを率いてきた。

注目記事:日本人選手初、久保建英が19歳で年俸「3億円」到達。ちなみにメッシは…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads