【日本代表】森保体制初、守備陣は固定!”感覚派”永井の活かし方がポイントに

(C)SAKANOWA

一方、ボランチ&WBは総入れ替えで攻撃的な顔触れ。

[キリンチャレンジカップ] 日本 – エルサルバドル/2019年6月9日19:00/ひとめぼれスタジアム宮城

 キリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表され、5日のトリニダード・トバゴ戦(△0-0)から6人が変更された。特筆すべきは守備陣で、GKシュミット・ダニエル、DF昌子源、冨安健洋、畠中槙之輔の4人は変更なし。森保一体制下、キリンチャレンジカップ2試合のシリーズでは、それぞれの試合でメンバーが大幅に変更されてきたが、今回初めて守備陣がセットで固定された。

 一方、ウイングバックとボランチは総入れ替え。原口元気、伊東純也という攻撃的ウイングバック、さらに橋本拳人が”締めて”、小林祐希がコントロール役を担う形だ。

 また前線も堂安律のみ2試合連続の先発で、南野拓実、永井謙佑がスタメン抜擢。感覚派とも言える高速アタックを武器とする永井が、果たしてコンビネーション重視の3-4-2-1で活きるのかも注目点になる。

 岡崎慎司、川島永嗣、そしてケガの香川真司がベンチ外となっている。首の張りにより槙野智章はすでにチームを離脱している。

 FIFAランキングは日本が26位、エルサルバドルが71位。

 日本のメンバーは次の通り。

▽先発
GK 
23 シュミット・ダニエル 
DF
3 昌子 源 
22 畠中槙之輔 
16 冨安健洋 
MF
25 小林祐希
6 橋本拳人 
8 原口元気
14 伊東純也  
9 南野拓実 
21 堂安 律 
FW 
13 永井謙佑

▽SUB
GK 
12 権田修一 
28 大迫敬介
DF 
4 山中亮輔 
5 長友佑都 
19 酒井宏樹 
2 室屋 成
26 中村雄太
MF
7 柴崎 岳 
11 中島翔哉   
24 守田英正
27 久保建英 
FW
15 大迫勇也  

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads