Jリーグ日本人選手の市場価格ランキング。1位昌子源、2位仲川輝人、3位タイ…

G大阪の昌子源、横浜FMの仲川輝人。(C)SAKANOWA

興梠慎三、江坂任、丸橋祐介、川辺駿もトップ22位入り!

 Jリーグは先月夏の移籍マーケットが終了したが、今回、移籍専門サイト『トランスファーマーケット』のデータをもとに、最新のJリーグ日本人選手の「推定市場価格ランキング」をまとめた。

 1位はフランス1部のトゥールーズFCからガンバ大阪に加入した昌子源の240万ユーロ(約3億円)。続いて昨季MVPの仲川輝人(横浜F・マリノス)の220万ユーロ(約2億8000円)。3位タイが首位チームを支える谷口彰悟(川崎フロンターレ)ら3選手の180万ユーロ(約2億3000万円)だった。

 鈴木武蔵、橋本拳人、室屋成ら日本代表クラスがヨーロッパのリーグに移籍したこともあり、ややスケールダウンしてしまった感が否めないか。ちなみにJリーグ全体の1位はアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)の320万ユーロ(約4億円)だった。

 この「推定市場価格」はリーグ戦、日本代表、国際大会での活躍、それに将来性を数値化している一つの参考額だ。世界中のあらゆる選手を相対化している。

 ランキングは以下の通り。

▽Jリーグの日本人選手『推定市場価格』
 トップ22

※『トランスファーマーケット』参照/9月7日時点

1位タイ 昌子 源 
240万ユーロ:約3億円
(DF/27歳/G大阪)

2位 仲川輝人 
220万ユーロ:約2億8000円
(FW/28歳/横浜FM)

3位タイ 清武弘嗣 
180万ユーロ:約2億3000万円
(MF/30歳/C大阪) 

3位タイ 谷口彰悟 
180万ユーロ:約2億3000万円
(DF/29歳/川崎)

3位タイ 土居聖真 
180万ユーロ:約2億3000万円
(FW/28歳/鹿島)

6位 小林 悠 
170万ユーロ:約2億2000万円
(FW/32歳/川崎)

7位タイ 興梠慎三 
160万ユーロ:約2億1000万円
(FW/34歳/浦和)

7位タイ 車屋紳太郎 
160万ユーロ:約2億1000万円
(DF/28歳/川崎)

9位タイ 進藤亮佑
150万ユーロ:約2億円
(DF/24歳/札幌)

9位タイ 古橋亨梧
150万ユーロ:約2億円
(FW/25歳/神戸)

11位タイ 阿部浩之
140万ユーロ:約1億7500万円
(MF/31歳/名古屋)

11位タイ 家長昭博
140万ユーロ:約1億7500万円
(MF/34歳/川崎)

11位タイ 福森晃斗
140万ユーロ:約1億7500万円
(DF/27歳/札幌)

11位タイ 槙野智章
140万ユーロ:約1億7500万円
(DF/33歳/浦和)

11位タイ 三竿健斗
140万ユーロ:約1億7500万円
(MF/24歳/鹿島)

11位タイ 山口 蛍
140万ユーロ:約1億7500万円
(MF/29歳/神戸)

17位タイ 江坂 任
130万ユーロ:約1億6000万円
(MF/28歳/柏)

17位タイ 大島僚太
130万ユーロ:約1億6000万円
(MF/27歳/川崎)

17位タイ 柏木陽介
130万ユーロ:約1億6000万円
(MF/31歳/浦和)

17位タイ 川辺 駿
130万ユーロ:約1億6000万円
(MF/24歳/広島)

17位タイ 丸橋祐介
130万ユーロ:約1億6000万円
(DF/30歳/C大阪)

17位タイ 守田英正
130万ユーロ:約1億6000万円
(MF/25歳/川崎)

注目記事:夏の補強完了、J2市場価格ランキング。1位は長崎ルアン、大宮、千葉、磐田の日本人選手が上位に

[サカノワ編集グループ]

Ads

Ads