ブラウブリッツ秋田の入場者数水増し問題で村井チェアマンがコメント「支えてくださる皆さまを裏切らない健全な運営を徹底」

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

非常に重たい400万円の罰金が決定。

 Jリーグは9月17日、J3リーグのブラウブリッツ秋田が2014年から2019年開幕戦まで計85試合について、リーグ規定の算定に従わず入場者数を水増ししていたとして、罰金400万円を課すことを決定した。

 この決定を受けて同日、Jリーグの村井チェアマンがコメントを発表した。内容は以下の通り。

「Jリーグは開幕以来、ご来場いただいたお客様一人ひとりへの感謝を込めて、入場者の実数を集計・発表することを徹底してきました。 

 そうした中、ブラウブリッツ秋田が入場者数を不正にカウントしていたことは、日頃よりクラブ、Jリーグを応援してくださっているファン・サポーター、そして支えてくださっているパートナーの皆さまの信頼を大きく損ねる事象として、大変重大かつ遺憾です。 

 私たちJリーグとクラブは、共に今一度原点に立ち還り、支えてくださる皆さまを裏切らない健全な運営を徹底してまいります」 

 Jリーグによると、秋田はJ3の2014シーズン開幕戦から2019 シーズン開幕戦までのホームゲーム全85試合で、Jリーグ規約、試合実施要項が規定する入場者数の算定方法を用いず、入場者数を正確にカウントできていないうえ、各入場口でカウントした入場者数に観客以外の人数も加算したものを公式入場者数として発表。Jリーグに提出する公式記録に虚偽の入場者数を記載していた。

 秋田はスタジアムの各入場口でカウントした入場者を集計した合計入場者数の10パーセント程度を水増ししていた。また、入場者数に算入できない運営ボランティア、運営スタッフ、出店者、メディアを少なくとも1試合平均75人から120人を加えていた。

 懲罰内容は罰金400万円に決まった。

 秋田はJ3リーグで現在、14試合を終えて11勝3分の無敗、勝点36で首位に立っている。

注目記事:U-19代表合宿、内田篤人が「SBなのにスローインが下手だった」と挙げた日本代表選手とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads