×

【柏】スタッフ2人も発熱でPCR検査。新型コロナ陽性の選手は平熱、自宅で静養

柏レイソルのサポーター。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

3日仙台戦は中止、7日のルヴァンカップ決勝に向け全員による複数回のPCR検査を実施へ。

 J1リーグの柏レイソルは11月2日、トップチームの選手1人に新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 当該選手の経過と症状は次の通り。

10/29(木) チーム活動参加(体温 36.8℃)
10/30(金) チーム活動参加(体温 36.7℃)
10/31(土) チーム活動参加(体温 36.6℃)
夜になり、風邪症状がみられる
11/1(日) チーム活動欠席(体温 36.6℃)
PCR検査を実施
11/2(月) チーム活動欠席(体温 36.8℃)
午後にPCR検査の陽性判定

 2日時点で当該選手は自宅で静養し体調回復に努めている。また2日時点でスタッフ2人の発熱が確認され、同日PCR検査を実施した。検査結果は、追って公表される。

 今後保健所による濃厚接触者の判定作業を受け、結果や保健所の指導に沿って適宜対応していく。早急にトップチームおよびクラブスタッフにPCR検査を実施する予定だ。

 すでにJリーグからも発表されているとおり、11月3日(火・祝)に開催予定だったJ1リーグ26節のベガルタ仙台対柏戦(13:00/ユアテックスタジアム仙台)は中止が決定した。検査結果が得られていない2人の濃厚接触疑い者を特定するプロセスが、試合開催までにとれないことが確認されたため。代替日は未定である。

 11月7日(土)開催のルヴァンカップ決勝FC東京戦(13:05/国立競技場)は、専門家チーム指導のもと、選手・スタッフに対して複数回のPCR検査を実施し、試合開催に向けて準備を進める。

 柏はこれまで12勝5分9敗(49得点・38失点)の勝点41で暫定8位。一方、仙台は14 25 2勝 8分15敗(23得点・49失点)の勝点14で暫定最下位(18位)。

■中止となった試合
2020明治安田生命J1リーグ
26節 11月3日(火・祝)13:00
ベガルタ仙台 vs 柏レイソル
ユアテックスタジアム仙台

■中止となった試合のチケットについて
中止試合のチケットの扱いについては、決定次第発表される。
※お手元のチケットは取り扱い決定まで大切に保管してください。

≪チケットに関するお問い合わせ先≫
(株)ベガルタ仙台
022-216-1050(9:00~18:00)
※土・日・祝日・ホームゲーム開催日の翌営業日は休業
・チケットぴあ 0570-02-9111(10:00~18:00)

注目記事:【大分】浦和戦の騒動で謝罪と困惑「ホームとアウェーのサポーターが応援の凌ぎを削る場。しかし双方がルールを守る姿勢が快適なスタジアム空間をつくる基本では」

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads