×
×

元日本代表アギーレ監督がJリーグ2チームからの打診を認める。日本での指揮に意欲的!

日本代表でのアギーレ監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

日本、MLS、スペインから選択へ。希望は――。

 現在フリーとなっている元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏が11月3日、アメリカのスペイン系メディア『TUDN』のインタビューに登場し、自身の今後の去就について語った。そのなかでアメリカとカナダで行われるメジャーリーグサッカー(MLS)、これまで活動基盤としてきたスペイン、そして日本のJリーグ――次はその3つのリーグのどこかで指揮を執ることになると明かした。Jリーグでは2チームから打診を受けたそうだ。

 昨季終盤CDレガネスを率いたアギーレ氏は、現在スペインに滞在しながら自身の今後を検討しているという。

 まずMLSについて。アギーレ氏は「これまでに面談を行っています。さまざまな噂がありましたが、直接話し合ったのは2つです。行くことになれば来年1月になります」と、具体的に2チームと交渉してきたと明かす。

 また、本人は日本やスペインで指揮を執りたいとも考えている。そのため“MLS決定”とは、まだならずにいるようだ。

「日本では2チームから話をいただきました。それにスペインで生活していますし、ここでも待っています。あまり人気はありませんが、みんなが私のことを知ってくれています」

 61歳のメキシコ人指揮官は、そのように控え目に語る。

 2014年7月に日本代表監督に就任し、スペインでの八百長疑惑により15年2月に退任に。その後、4年かけて無罪判決が下された。

 各ポジションにスピードとテクニックを要求するスタイルでマッチした日本での“リベンジ”を、必ず果たしたいと強い意欲を示している。

 また、スペインメディア『マルカ』は、MLSの“最有力”の一つがロスアンジェルス・ギャラクシーであると報じていた。現在ウエスタン・カンファレンス12チーム中10位に沈むクラブのスポーツディレクターであるデニス・テ・クローゼ氏は、2シーズン目のアルゼンチン人ギジェルモ・バロス・スケロット監督に代わってアギーレ氏を招へいしたい意向だ。

注目記事:アギーレ元日本代表監督はJリーグ…ではなくMLS指揮官就任の可能性が高まる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads