×
×

【鳥栖】起死回生へ「木村情報技術社」を胸スポンサーに獲得!

サガン鳥栖の胸スポンサーに「木村情報技術株式会社」が決定!(C)SAGAN_TOSU

佐賀県出身の木村社長「県からクラブがなくなるギリギリのところ。地元への恩返しに」。

 J1リーグのサガン鳥栖は11月12日、ユニフォームスポンサー協賛として「木村情報技術株式会社(木村隆夫社長)」と新たな胸スポンサーの契約に至ったと発表した。経営面で厳しい状況下にあるなか、サガン復活への朗報が届いた。

 一方、同日開催されたサポーターズミーティングでは、竹原稔社長が今シーズン経営的に厳しい局面を何度か乗り越え、Jリーグ公式試合安定開催基金を申請せず、来季J1で開幕を迎えられることを報告。そのうえで一旦別企業との長期に渡っていた交渉が決裂したものの、同日までに新たな胸スポンサーと契約締結できたことを発表した。

 ただし、今季売り上げは当初計画の50パーセント減、とりわけ興行収入は8億円減で、10億円近い赤字を計上する見込みという。担当者は「危機的状況にある」と説明したうえで、融資などを受けて資金繰りできる状況にあり、J1ライセンスは付与されていると伝えている。

 このあとの新ユニホームスポンサー発表会見では、木村社長、竹原社長、高橋秀人、大畑歩夢が出席。佐賀県佐賀市の本社を構える木村社長が、スポンサー契約を締結した背景について、次のように説明した。

「すべての業界が非常に苦しいなか、私たちはITの事業にも携わり、コロナの影響をあまり受けずに済むことができました。その分の利益を、恩返しとしてどうしようかと、教育に投資すべきかなどいろいろ模索していました。

 ちょうどご縁があってサガン鳥栖さんの事情を耳にしました。県から一度クラブがなくなってしまうと、また見出して作り上げることはできません。

 起業家、事業家、経営者として、資金がショートすればすべてが成り立たなくなるということだとは分かっていますが、(鳥栖が)オール・オア・ナッシングの今もしかするとギリギリのところかもしれないと思いました。

 そこで少しでも呼び水のような形にして、サガン鳥栖さんに貢献することで、佐賀県に恩返しをしたいという気持ちがありました。全員ではありませんが社内でコンセンサスを得て、今朝内々で報告すると社員も喜んでくれました。ユニフォームの胸に自分たちの企業名が入るこの喜びを伝えて、ぜひたくさんの企業に、どんどんスポンサーになっていただきたいとも思います」

 いずれも「佐賀新聞」がYoutube公式チャンネルで記者会見の模様を公開している。

 クラブが発表した詳細は次の通り。

◆スポンサー名
木村情報技術株式会社 

◆本社
所在地)
佐賀県佐賀市卸本町 6-1
TEL:0952-31-3901/FAX:0952-31-3919
設立年月日)
2005年7月29日
代表者)
代表取締役 木村 隆夫
従業員数)
375名

事業内容 )
人工知能(AI)活用事業及び人工知能サービスの研究・開発
AI お問合せシステム「AI-Q」の販売
ニューノーマル時代の新しい営業ツール「Chat Meet」の販売
Web 講演会運営・配信サービス「3eLive」及び収録・オンデマンド配信サービス
ZOOM の代理販売及び、ウェビナー支援サービス
医薬品業界向け出版及び研修コンサルティング事業
他、各種システム・Webサイトの構築及び保守

HP アドレス)
https://www.k-idea.jp/

◆協賛内容 
サガン鳥栖 トップチーム ユニフォーム(胸部)スポンサー

◆協賛期間 
2020年11月14日~2021年1月31日

◆掲出期間
ご協賛期間内のサガン鳥栖公式戦に掲出

 クラブが発表した木村社長のコメントは次の通り。

 私は佐賀で木村情報技術株式会社を起業し、約15年が経ちました。

 佐賀で経営を続けていく中で、佐賀の皆様に多くのご支援をいただき、その恩返しとして地元佐賀でなにか貢献できることはないかと考えました。

 その中で、昨今のコロナウイルスの影響により、大変な思いをされている方も多く、今までお世話になった方々に少しでも元気を届けたいと思い、この度ユニフォームスポンサーをさせていただくこととなりました。

 私自身も体を動かすことが大好きで、佐賀を代表するスポーツチームであるサガン鳥栖をユニフォームスポンサーという形で応援し、十分なトレーニングができない状況でがんばっている選手の皆様を少しでもサポートさせていただきたいと思います。

 また、サガン鳥栖選手のご活躍や佐賀県の皆様に元気と勇気をお届けできればうれしい限りでございます。

 今後ともクラブには、J1の舞台で活躍し続け、皆様に夢や希望を与えられる存在であることを心よりお祈りし、佐賀県および全国にいるサガン鳥栖ファンの皆様とともに一緒に盛り上げていきたいと思います。

 よろしくお願いいたします。

注目記事:【日本代表スタメン予想】今日パナマ戦、久保建英に「右MF」か「トップ下」でまとまった時間を与えたい

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads