鹿島×川崎は予定通り開催決定。永戸勝也が陽性、杉岡大暉や町田浩樹ら6人濃厚接触者で欠場

(C)SAKNAOWA

試合当日、選手・スタッフにPCR検査を実施。

[J1 27節] 鹿島 – 川崎/2020年11月14日17:00/カシマサッカースタジアム

 J1リーグの鹿島アントラーズは11月14日、トップチームの永戸勝也が13日早朝に体調不良を訴えたため同日に新型コロナウイルスの抗原検査を実施したところ、陽性判定を受けたと発表した。その結果を受けて、14日早朝から急きょ、選手・チーム関係者を対象にPCR検査を実施した。濃厚接触者を特定したうえでJリーグ、保健所と協議し、14日の鹿島対川崎フロンターレ戦は、予定通り開催されることが決定した。

 クラブによると、陽性判定が確定したのは永戸。また、杉岡大暉、荒木遼太郎、町田浩樹、関川郁万、山田大樹、常本佳吾の6人が濃厚接触者と認定された。そのため川崎戦での欠場が決定した。計7人が出場できない。

 対象試合のチケット取扱いについて。予定通りの開催となるため、チケットの払戻しなどはない。開場は14時。

 一方、クラブは14日からクラブ関係者を除く一般の方々のクラブハウスへの立入制限を設けるとともに、オフィシャルショップクラブハウス店を臨時休業にすると発表した。

 クラブハウス立入制限の解除及びオフィシャルショップクラブハウス店の営業再開については、決定次第改めて案内する。クラブは「当日のご案内となりお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

 立入制限対象は、クラブハウス施設全域、オフィシャルショップクラブハウス店、アントラーズカフェ(休業中)、フットサルコート。

 また、今回、アクセスの集中したクラブ公式サイトが、パンクする事態が起きた。クラブはツイッターなどSNSで随時情報発信する形に切り替えた。

 鹿島は現在15勝3分10敗(43得点・37失点)の勝点48で暫定6位。一方、川崎は22勝2分2敗(70得点・22失点)の勝点68で首位。この試合での川崎の優勝決定はない。

注目記事:【MATCH REPORT】繰り返される“結果オーライ”の3バック。久保スルーパス、南野がPKを決めたものの…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads