【湘南】新名称「レモンガススタジアム平塚」に決定、来季から5年契約!略称は――

来季から「レモンガススタジアム平塚」に決定!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ホームスタジアムのネーミングライツ、平塚市が結ぶ。

 J1リーグの湘南ベルマーレは11月20日、ホームスタジアムの名称について現在の「Shonan BMW スタジアム平塚(平塚競技場)」から来季「レモンガススタジアム平塚」に変更されると発表した。平塚市が新たにネーミングライツの契約を結んだ。契約は2021年2月から5年契約だ。

 ネーミングライツスポンサーが、湘南のオフィシャルクラブパートナーとしても長く支援してきたレモンガス株式会社に決定。2021年から新たな愛称になる。

 愛称は「レモンガススタジアム平塚」 (読み方:レモンガススタジアムひらつか ※英語標記:Lemon Gas Stadium Hiratsuka )。略称は「レモンS」だ。

 レモンガス株式会社(平塚市高根1番地)の事業内容は、LPガス・都市ガスならびに同器具の販売、デザインウォーター「アクアクララ」の販売、 電力小売販売。

 ネーミングライツの契約期間は2021年2月から2026年1月までの5年間。変更日は2021年2月1日からとなる。

注目記事:遠藤航のパワーの秘訣は“あの食べ物”。湘南、浦和、ベルギー、ドイツ…辿り着いた「フルーツの街」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads