×

メッシが日本でプレー?来夏、マンCと契約を結んだあとマリノス移籍も!?

バルセロナのリオネル・メッシ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

シティグループが破格の10年契約を提示か。

 スペイン1部FCバルセロナに所属するアルゼンチン代表MFリオネル・メッシが将来、横浜F・マリノスでプレーするかもしれない!?  スペインメディア『マルカ』はこのほど、来年6月にバルセロナとの契約が満了するメッシの去就動向に関するレポートを掲載し、そのなかで「横浜F・マリノス」の名前を挙げて、将来的にプレーする可能性について言及した。

 記事では「メッシは契約満了のあとについて、何も決まってない。そのため、2021年、何が起きるのか様々な憶測を呼んでいる」と強調している。その一つの噂として、常に取り沙汰されてきたイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ行きの実現性について、イギリス『タイムズ』紙が「合意に達する可能性がある」と改めて伝えたことに触れているのだ。

 マンチェスター・シティはメッシに破格の10年契約のオファーを提示。そうすることで契約を結んだあと、シティグループのチームでプレーさせることもあり得るということだ。J1リーグの横浜FM、オーストリアAリーグのメルボルン・シティ、そしてMLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティと具体的に3チームの名前を挙げて、「他も含めたシティグループ8チームでプレーすることが可能になる」ということだ。契約にはシティグループの「グローバルアンバサダー」の役割も含まれるそうだ。

 ただし、バルセロナもメッシ引き留めに全力を尽くしている。来年1月24日に会長選挙が行われるが、メッシの減俸と残留を実現させ、説得すること――が、重要な課題の一つになっているということだ。

 メッシは1987年6月24日生まれの33歳。バルセロナのカンテラ(下部組織)出身で、トップチーム登録17年目を迎えている。今季これまでリーグ8試合・3得点・2アシスト、UEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)3試合・3得点・2アシストを記録している。

注目記事:「久保建英、1月にビジャレアル退団検討」1本の記事が欧州で波紋を広げる

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads