【横浜FC】松井大輔がベトナムのサイゴンFCに完全移籍。永遠のファンタジスタ、初のアジア挑戦

横浜FCの松井大輔。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

2010年W杯で日本代表を16強に導いたミッドフィルダー。5日の鳥栖戦後にセレモニー。

 J2リーグの横浜FCは12月3日、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)のベスト16入りを果たした日本代表メンバーでもあるMF松井大輔が、ベトナム1部「Vリーグ1」のサイゴンFCに完全移籍することが決定したと発表した。様々な国でプレーし39歳になるファンタジスタだが、アジアへの移籍は初めてになる。

 松井は1981年5月11日生まれ、京都府出身、39歳。175センチ・67キロ。

 これまでのキャリアは、次の通り。

 藤森中学校 ― 鹿児島実業高校 ― 京都パープルサンガ ― ル・マン(FRA) ― ASサンテティエンヌ(FRA) ― グルノーブルフット38(FRA) ― FCトム・トムスク(RUS)-グルノーブルフット38(FRA) ― ディジョンFCO(FRA) ― スラビア・ソフィア(BUL) ― レヒア・グダニスク(POL) ― ジュビロ磐田 ― オドラ・オポーレ(POL) ― 横浜FC ※FRA(フランス)/RUS(ロシア)/BUL(ブルガリア)/POL(ポーランド)

 クラブは12月5日に行われるJ1リーグ31節のサガン鳥栖戦後にスタジアムでセレモニーが実施され、松井からファン・サポーターへのあいさつがある。

  松井は今季リーグ戦3試合に出場していた。通算成績はJ1リーグ95試合・7得点、J2リーグ152試合・20得点。日本代表31試合・1得点。 

Topics:Yokohama FC’s Daisuke MATSUI joins SAI GON FOOTBALL CLUB(perfect).

Ads

Ads