【神戸】ACL8強進出の三浦監督「イニエスタの足の状況が少し心配」

足を傷めたイニエスタは68分で交代に。(C)VISSEL KOBE

ロングシュートを放ったあと、大腿部の付け根あたりを押さえて顔をしかめる。

[ACL 決勝T1回戦] 神戸 2-0 上海上港/2020年12月7日(日本時間19:00)/ハリファ・インターナショナル・スタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)、J1リーグのヴィッセル神戸が中国超級リーグの上海上港に2-0の勝利を収め、初出場でベスト8進出を決めた。準々決勝は10日に行われる。

 39分にアンドレス・イニエスタが目の覚めるような鮮やかな先制弾、さらに50分には古橋亨梧のクロスに西大伍が合わせて追加点を奪取。トーマス・フェルマーレンを中心に守備陣も奮闘し、無失点勝利を収めた。

 しかし68分、直前にセンターサークル付近からのロングシュートを放ったイニエスタが、右足大腿部の付け根(太ももの前部)を押さえて顔をしかめる。そのあと36歳の司令塔はピッチに一度座り込んだが、再び自力で歩いて安井拓也と交代した。

 試合後の記者会見で、三浦淳寛監督は次のように語った。

「非常に難しい試合にはなりましたが、選手たちがチームコンセプトのもと、しっかりと気持ちの入ったプレーを見せてくれたことで、勝利を掴めました。神戸で応援しているファン・サポーターを含め、みんなの気持ちが入った試合になったと思います。みんなの気持ちが選手たちに届きました。少しイニエスタの足の状況が心配ですけれども、次の試合に向けて、しっかりと準備をしていきたいと思います」

 そのようにヴィッセル神戸の総力を結集して掴んだ1勝であると強調した。

「(カタール集中開催初戦の)広州恒大との試合がとても重要で、そこで勝てたことで、残り2試合をコンディション作りや調整に使えたことが、今日の勝利につながったのではないかと思います」

 また、三浦監督はイニエスタやトーマス・フェルマーレン、そして山口蛍らと若手の融合にも手応えを得ていた。

「アンドレスとフェルマーレン、それに山口蛍、酒井高徳、経験のある選手がトレーニングの質を上げてくれています。それに引っ張られて、若手が意欲的に取り組んできた結果、チームの底上げにつながったと思います。私も使いたいと思わなければ使いませんから、日々の努力によって、『起用してみたい』と試合でプレーすることを自身で掴んだのではないかと思います」

 Jリーグ勢では、このあと横浜F・マリノスが日本時間23時から、韓国Kリーグの水原三星ブルーウイングスと対戦する。FC東京は6日に北京国安に敗れている。

 神戸は12月10日の準々決勝に臨む。準々決勝のカードは再抽選で決まる。あとアジア制覇まで3試合、イニエスタはピッチに立てるだろうか――。

試合後の記者会見で神戸一丸でつかんだ勝利だと強調した神戸の三浦淳寛監督。(C)VISSEL KOBE

関連記事:【ACL】イニエスタ鮮烈ショット、神戸が上海上港を下しアジア8強!左足でDF3人無力化、GK股抜き

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads