×

【ACL】足は大丈夫?神戸イニエスタがコメント「まだまだ歴史を作り続けていく」。上海上港から決勝ゴールを決め、ベスト8進出!

ACLの上海上港戦、神戸のアンドレス・イニエスタ(8番)が先制点を決める。古橋亨梧(左)と歓喜!(C)VISSEL KOBE

ロングシュートのあと、大腿部を押さえて座り込み交代に。

[ACL 決勝T1回戦] 神戸 2-0 上海上港/2020年12月7日/ハリファ・インターナショナル・スタジアム(カタール・ドーハ)

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)、J1リーグのヴィッセル神戸が中国超級リーグの上海上港に2-0の勝利を収め、初出場でベスト8進出を決めた。準々決勝は10日に行われ、組み合わせは再抽選で決定する。

 キャプテンの元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、39分、山口蛍の縦パスをペナルティエリア内で受けたあと、DF3人を寄せ付けず左足でGKの股を抜くショットをねじ伏せた。

 しかしイニエスタは68分、直前にセンターサークル付近からのロングシュートを放ったあと右足大腿部の付け根(太ももの前部)あたりを押さえて顔をしかめ、一旦ピッチに座り込んでしまう。そのあと、交代が告げられると、立ち上がって歩いて、安井拓也と交代。太ももをアイシングしながらベンチで戦況を見守った。

 イニエスタは試合のあと神戸の広報を通じて、次のようにコメントした。

「ゴールを決めることでチームの勝利、次のラウンドへの進出に貢献できてとても幸せです。まだまだ歴史を作り続けていきたいですし、難しいことだとは思いますが、(可能な限り)辿り着けるところまで勝ち進んでいけるようチャレンジし続けなければなりません。

 今後の対戦相手がどこであれ、今日のように自分たちがピッチでやるべきプレーをし、準決勝進出を懸けて戦いたいと思います」

 そのようにケガには触れていないが、36歳の司令塔はむしろここからの戦いがより楽しくなるという、ワクワクした気持ちを口にしている。

 Jリーグ勢では、横浜F・マリノスが水原三星ブルーウイングスに2-3で逆転負け、さらにFC東京は北京国安に0-1で敗退。神戸のみがベスト16の壁を破った。キャプテンのイニエスタを中心に、また一つ勝って、歴史を作る!

関連記事:【神戸】ACL8強進出の三浦監督「イニエスタの足の状況が少し心配」

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads