鹿島の守護神、曽ケ端準が現役引退「鹿嶋で生まれ育ち、このまちに鹿島アントラーズが誕生し、 始まりは――」最後も朴訥と、しかし熱いメッセージ

今季限りでの引退を発表した曽ケ端準。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

リーグ優勝7回など数多くのタイトルをもたらす。

 J1リーグ鹿島アントラーズは12月24日、GK曽ケ端準(SOGAHATA Hitoshi)が2020シーズンをもって、現役を引退すると発表した。下部組織出身、鹿島で23年間ひと筋でプレーした、文字通りの「鹿島の守護神」がついにスパイクを脱ぐ。

 曽ケ端は1979年8月2日生まれ、茨城県鹿嶋市出身、41歳。187センチ・80キロ。

 これまでのキャリアは、波野サッカー少年団 ― 鹿嶋市立鹿島中 ― 鹿島アントラーズユース(鹿島高校) ― 鹿島。J1リーグ通算533試合・0得点。

 クラブでの獲得タイトルは、Jリーグ7回 リーグカップ5回、天皇杯4回、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)1回、FUJI XEROX SUPER CUP5回、ルヴァンカップ/スダメリカーナ2回、A3マツダチャンピオンズカップ1回。

 個人タイトルは、Jリーグヤマザキナビスコカップニューヒーロー賞(2001年)、Jリーグベストイレブン(2002年)、フェアプレー個人賞(2003年)。

  日本代表4試合・0得点。2002年日本代表として日韓ワールドカップ(W杯)出場、2004年にはアテネオリンピック日本代表にオーバーエイジとして参戦している。

 曽ケ端はクラブを通じて、次のようにコメントしている。

「今シーズン限りで、現役生活を終えることを決めました。

 僕は鹿嶋で生まれ育ち、このまちに鹿島アントラーズが誕生し、 始まりは一人のサポーターでした。それがユースに入り、プロになり、一つのクラブでここまで長くプレーできるとは想像もしていませんでした。

 鹿島アントラーズで獲得した数多くのタイトル、ともに戦った監督、選手、スタッフ、 フロント、パートナー、自分と関わってくれた指導者、いつも支えてくれた両親、兄、妻、子どもたち、そしてファン、サポーターの方々、すべてが財産です。

 このクラブで勝利のためにプレーし、引退できることを、心から嬉しく思います。

 23年間、ありがとうございました!」

 そのように最後も朴訥と、しかし熱く心のこもったメッセージを残している。

 後日、引退記者会見が予定されている。

注目記事:柿谷曜一朗がC大阪から名古屋に完全移籍「グランパスを愛する子供達の憧れになれるように頑張ります」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads