【J1リーグ全クラブ監督人事一覧】3チームでスペイン人指揮官の新体制発足。清水ロティーナ、徳島ポヤトス、浦和リカルド・ロドリゲス…

2021シーズンに就任する、清水ロティーナ監督(左)、浦和リカルド・ロドリゲス監督(右)。(C)SAKANOWA

残すは仙台、手倉森誠氏が有力候補に。

 J1リーグは12月19日に全日程を終えたあと、続々と指揮官の去就が発表されている。24日には清水エスパルスがロティーナ監督(今季セレッソ大阪)、来季J1に昇格する徳島ヴォルティスがダニエル・ポヤトス氏の就任を発表した。先日発表された浦和のリカルド・ロドリゲス監督(今季徳島ヴォルティス)と合わせて、3クラブがスペイン人指揮官の新体制が発足する。残すは手倉森誠氏の就任が有力視されるベガルタ仙台の正式発表を残すのみと言える状況だ。

 これまでの発表や報道を踏まえ、2021シーズンに向けたJ1全クラブの監督人事をまとめた

▼J1リーグ 
2020→2021シーズン監督人事一覧
(24日21時30分現在)

◎チーム名
現在の監督
→ 来季去就/新監督
決定>決定的>濃厚>有力

◎北海道コンサドーレ札幌
ペトロヴィッチ
→ 続投決定的

◎ベガルタ仙台
木山隆之
→ 退任決定
後任:手倉森誠氏が有力

◎鹿島アントラーズ
ザーゴ
→ 続投決定的

◎浦和レッズ
大槻毅
→ 退任決定
後任:リカルド・ロドリゲス氏決定

◎柏レイソル
ネルシーニョ
→ 続投濃厚

◎FC東京
長谷川健太
→ 続投決定

◎川崎フロンターレ
鬼木達
→ 続投決定的

◎横浜F・マリノス
アンジェ・ポステコグルー
→ 続投決定

◎横浜FC
下平隆宏
→ 続投決定

◎湘南ベルマーレ
浮嶋敏
→ 続投決定

◎清水エスパルス
平岡宏章
→ 退任決定
後任:ロティーナ氏決定

◎名古屋グランパス
マッシモ・フィッカデンティ
→ 続投決定的

◎ガンバ大阪
宮本恒靖
→ 続投決定

◎セレッソ大阪
ロティーナ
→ 退任決定
後任:レヴィー・クルピ氏決定

◎ヴィッセル神戸
三浦淳宏
→ 続投濃厚

◎サンフレッチェ広島
城福浩
→ 続投決定

◎サガン鳥栖
金明輝
→ 続投決定的

◎大分トリニータ
片野坂知宏
→ 続投決定

◎徳島ヴォルティス
リカルド・ロドリゲス
→ 退任濃厚
後任:ダニエル・ポヤトス氏が決定

◎アビスパ福岡
長谷部茂利
→ 続投決定

注目記事:【コラム】なるほど、浦和につながる。元徳島の小林伸二監督がリカルド戦術を紐解く

Ads

Ads