×

【浦和】橋岡大樹のシントトロイデン移籍が決定。現地サイトで「皆さんに勇気、元気、そして感動を与えます」と決意。西野TDも「世界で活躍する選手に」と期待

浦和の橋岡大樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ベルギー1部、2022年6月までの期限付き移籍。

 J1リーグの浦和レッズは1月31日、日本代表DF橋岡大樹(HASHIOKA Daiki)がベルギー1部のシント=トロイデンVVに期限付き移籍することでクラブ間合意に達したと発表した。移籍期間は2021年1月30日から2022年6月30日まで。ベルギー政府による新型コロナウイルス感染に関する新規入国制限措置に則り、現地入国後に正式契約を結ぶ。

 橋岡は1999年5月17日生まれ、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の21歳。182センチ・73キロ。

 これまでのキャリアは、浦和大久保サッカー少年団 ― 浦和レッズジュニアユース ― 浦和ユース(2017年トップチーム登録) ― 浦和 ― シント=トロイデン。浦和ユースから昇格した2018年からトップチームで出場機会を掴み、昨シーズンはJ1リーグ31試合・1得点を記録している。日本代表としても国際Aマッチ2試合に出場。

 橋岡は浦和を通じて、次のようにファンとサポーターに感謝を伝えている。

「このたび、ベルギーリーグ1部のシント=トロイデンVVに期限付き移籍することとなりました。僕は、浦和レッズのファン・サポーターに出会うことができて、本当に幸せ者だと思っています。小さい頃から浦和の街で育ち、ジュニ アユース、ユース、そしてトップチームの9年間、浦和レッズに育ててもらいました。

 ベルギーで苦しい時期があるかもしれませんが、その時は浦和レッズのファン・サポーターの皆さんの顔を思い出して、頑張りたいと思います。ベルギーで、僕が浦和レッズで培ってきたものを全力で出し切って、ヨーロッパで活躍できるよう、頑張ります。そして、僕は浦和という街が本当に大好きなので、絶対に恩返しをします。今後も、橋岡大樹、そして浦和レ ッズを応援よろしくお願いいたします」

 また、シント=トロイデンの公式サイトでは、次のように現地のファンに呼び掛けている。

「この度、浦和から期限付き移籍で加入することになりました! 橋岡大樹です!  自分のプレーの特徴はアグレッシブさ気持ちのこもった熱いプレーです! そういったプレーを全力で出し切ってクラブの力になれるように頑張ります。そしてこういった時期だからこそサッカーで皆さんに勇気、元気、そして感動を与えます! 少しでも早くチームに慣れて試合で活躍する姿を見せれるように頑張ります」

 また、浦和の西野努テクニカルダイレクターは次のようにコメントしている。

「この時期の移籍は、チームとしては決して理想的なタイミングではありませんでした。しかし、アカデミーから浦和レッズで育った橋岡選手にはさらに大きく成長し、世界で活躍する選手になってもらいたいと強く願っています。そして、橋岡選手の今後の躍進に負けないよう、浦和レッズをさらに強く魅力的なチームにしていきたいと思います」 

 シント=トロイデンは現在、ベルギー1部7勝6分11敗(30得点・37失点)で18チーム中15位。鈴木優磨、シュミット・ダニエル、伊藤達哉、松原后、中村敬斗の日本人5選手が在籍している。

注目記事:浦和レッズ始動│◎補強診断◎リカルド・ロドリゲス監督招へいに見える新機軸と課題◎橋岡大樹の移籍は!? メディア公開練習:厳選写真も掲載!│轡田哲朗×塚越始対談

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads