【TM鹿島1-1大分】松村優太ゴール!常本佳吾は主力と組む。新加入の坂圭祐も決めた

鹿島の松村優太が決めた!(C)KASHIMA ANTLERS

高木駿「味方との連携も良くなっている。手応えを感じた」。

 J1リーグの鹿島アントラーズと大分トリニータが2月6日にトレーニングマッチ(TM=45分×3本)を行い、鹿島は静岡学園高卒のプロ入り2年目の松村優太、大分は湘南ベルマーレから今季加入した坂圭祐のゴールで1-1と引き分けた。

 1本目から2本目の途中まで、明治大から加入した新人のDF常本佳吾が、沖悠哉、犬飼智也、関川郁万、広瀬陸斗という守備陣の主力組と組んでいる。さらには昌平高校から今季加入した須藤直輝もその中でプレーしている。

 それぞれが得点者、鹿島はメンバー、大分はGK高木駿のコメントをプレスリリースで発表している。

 写真は鹿島からの提供。

◎試合結果(45分×3本)
【1本目】
1-1(19分/大分:坂 22分/鹿島:松村) 
【2本目】
0-0
【3本目】
0-0

鹿島のメンバーは次の通り。
【1本目】
沖、犬飼、関川、常本、広瀬、永戸、三竿、白崎、須藤、松村、染野
【2本目】
山田、犬飼、関川、常本、広瀬、永戸、三竿、舩橋、須藤、松村、染野
(25分より変更)
山田、町田、林、小泉、杉岡、永木、舩橋、荒木、土居、遠藤、上田
【3本目】 
早川、町田、林、小泉、杉岡、永木、小川、荒木、土居、遠藤、上田

▽大分・高木駿のコメント
「(J1クラブとの対戦で)プレッシャーも違うし、その中で自分たちもモチベーションを高く試合ができました。チームとしての狙いもうまくいったし、味方との連携も良くなっていることが確認できた。今日の試合で手応えを感じました。今日までのキャンプの成果を踏まえて、開幕まで残り3週間大分でしっかり準備して開幕ホ ームに臨みたい」

注目記事:【浦和】田中達也が語る熊本、大分から繋がるリカスタイル「例えば今日の相手はどういう形で、どこがビルドアップの出口になっているのか」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads