×
×

【鹿島】永戸勝也、荒木遼太郎、上田綺世がゴール。甲府とのTMで3-1の勝利

甲府とのトレーニングマッチでゴールを決めた鹿島の上田綺世。(C)KASHIMA ANTLERS

35分×4本。上田は「継続したパフォーマンス」、永戸は「ゴール前へ行くところ」をテーマに挙げる。

 J1リーグの鹿島アントラーズは2月10日、J2リーグのヴァンフォーレ甲府と練習試合を行い(35分×4本)、永戸勝也、荒木遼太郎、上田綺世のゴールで3-1の勝利を収めた。

 10日のオンラインによる取材で、プロ3年目を迎える上田は「(2021シーズンのテーマとして)昨年変化を加えたので、それを確立すること。継続して結果とパフォーマンスを示すことが大事だと思っています。その時、その時に応じてチームに必要なことをしていき、その中でゴールも決めていきたいです」と語った。目標を問われると、新18番は「優勝です」と、力強い一言に思いを込めた。

 また、11日に取材に応じた永戸は、「キャンプでは毎試合ある程度結果を残せてきているので、この調子でシーズンに入れたらと思います。(新シーズンの目標は?)もちろん1試合に1個(1アシスト)は取れるように、いい準備ができればと思います」と、確かな手応えを得ていた。

 ベガルタ仙台から加入した昨季はリーグ22試合に出場。鹿島カラーに染まった今季、26歳のレフティはザーゴスタイルのキーマンになりそうだ。

「ザーゴ監督とも話しましたが、状況を見てリスク管理しながら、ゴール前へ行くところはもう少し増やさなければいけないと思っています。そこで昨日(甲府戦)はゴールを決められて、自分の考えていたなかで結果を出せたので、Jリーグが始まっても(意識を)持っていければと思います」

 鹿島が公表した得点者とメンバーは次の通り。

【トレーニングマッチ 鹿島×甲府 35分×4本】
1本目 1-1(鹿島の得点者:34分永戸)※18分甲府
2本目 0-0
3本目 0-0
4本目 2-0(鹿島の得点者:22分荒木、30分上田)

■■鹿島のメンバー
【1本目】
クォン・スンテ、関川、町田、常本、永戸、永木、舩橋、松村、土居、遠藤、染野

【2本目】
沖、関川、町田、常本、永戸、永木、舩橋、松村、土居、遠藤、染野
(25分) 和泉in 遠藤out

【3本目】
早川、犬飼、林、広瀬、杉岡、三竿、小川、和泉、須藤、荒木、上田

【4本目】
山田、犬飼、林、広瀬、杉岡、三竿、小川、白崎、須藤、荒木、上田

トレーニングに汗を流す鹿島の永戸勝也。(C)KASHIMA ANTLERS

注目記事:【鹿島】犬飼智也が広瀬陸斗を選手会長の後任に選んだ理由。遠藤康の反応は?

[文:塚越始]

Ads

Ads